スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロコロ変わる 維新橋下徹 企業献金の禁止を撤回 財界の番頭 自民と同じ 橋下徹の本性 正体

http://news.livedoor.com/article/detail/7159474/ によると、
************************
また政策豹変… 維新企業献金の禁止を撤回

ZAKZAK(夕刊フジ)
2012年11月20日17時12分

日本維新の会の橋下徹代表代行
 「日本維新の会(維新)」が、また豹変した。同党幹事長である大阪府の松井一郎知事は20日、党規約で禁止してきた企業・団体献金を認める方針を明らかにした。石原慎太郎代表の「太陽の党(太陽)」と合流するなかで「齟齬をきたす」と判断したという。同党は先日、エネルギー政策から「脱原発」を取り下げたばかり。政策・理念の大幅後退が問題視されそうだ。
 「日本の政治を応援する風土が個人献金主流になるまではしがらみを作らない範囲のものは認めていこうということ」
 松井氏は記者団にこう説明した。「原発」や「TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)」などの政策の違いに目をつぶった合流の結果のようだが、「企業・団体献金の禁止」は維新の大看板。綱領の「維新八策」にも明記している。
 橋下徹代表代行(大阪市長)は今年9月、党規約に明記する方針を明らかにした際、「自民党や民主党ではできない方針だ」「特定の団体に縛られない個人献金型の政党をめざし、政治を劇的に変える」「新しい政治スタイルを目指す」などと胸を張っていた。
 政策・理念の一致なき結集は、「野合」と批判されても仕方がない。
 橋下氏は20日午前、自民党の石破茂幹事長と民放テレビで論戦した。
 石破氏が「橋下さんと石原さんが言っていたことはずいぶん違っていた。政策の実現可能性を検証して選挙に臨まないと権力をとったあと大変なことになる」と批判すると、橋下氏は「消費税、TPP、原発、外交の部分は、維新は完全に一致している」と反論した。
 有権者がどう判断するかが重要だ。
***********************
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : コロコロ 維新 橋下徹 企業献金 撤回 財界 自民 本性 正体

橋下徹日本維新の会は、財界や都市部の富裕層の利益代表 公務員叩きや、生活保護問題などで、あたかも庶民の味方のように振る舞っているが、それは全く違う その正体 本性

http://blogos.com/article/46505/ によると、
************************
日本維新の会? この胡散臭い人たちの集まり

猪野亨
382012年09月09日 10:58

 橋下徹大阪市長は、次の衆議院選挙に全選挙区に候補を擁立を目指すそうです。
 
新党の名称が「日本維新の会」。
 「維新」などと、いかにも胡散臭さい名称です。
 大阪維新の会の次は、国政を目指すから日本維新の会というのは継続性があるのでしょうが、ともかくもこの「維新」という言葉自体、時代錯誤、甚だしい名称。
 明治維新から始まって、その後、この「維新」をまねる人たちが出てきました。
 昭和維新を叫んでいた陸軍青年将校たち、軍事クーデターである2・26事件の首謀者たちです。
 平成維新の会 大前研一氏が名乗っていた集団。このときは、「新党」ではなく既存の議員に対して、「推薦」という方法をとっていました。グローバル化を目指すに当たって、自分たちの都合のよい議員を推薦し、政党の枠を超えようという試みでした。旧来の自民党は、特に地方選出の議員が構造改革の抵抗勢力でもあったからです。しかし、これも一時、賑わしただけで、政治的影響力は全くありませんでした。

 そして大阪維新の会、日本維新の会が出現してきました。
 民主党政権が、国民の期待を全うできず、他方で、米国や財界によって鳩山政権が倒されて以降、第二保守党として、自民党と全く異ならない政党となり、そして、自壊の道を突き進んでいます。
 野田首相が、次期民主党の代表戦で再選される可能性が高いとされていますが、野田首相の下では、民主党は壊滅するでしょう。
 しかし、だから自民党という選択肢は、躊躇を覚える国民(有権者)も少なくありません。
 これに便乗しようというのが、橋下氏率いる日本維新の会です。
 しかし、橋下氏は、構造改革路線を鮮明にしました。自民党は、地方議員を多く抱える中で、TPPに対する意思決定ができないなど、寄り合い所帯です。
 それに対して、橋下氏日本維新の会は、財界都市部富裕層利益代表です。
 公務員叩きや、生活保護問題などで、あたかも庶民の味方のように振る舞っていますが、全く違います。
 もともと公務員叩き生活保護問題を叩いても庶民にとっての利益はありません。
 公務員叩きは単に小さな政府を指向するものであり、公務員叩きをしたとしても私たちの暮らしがよくなるわけではありません。政官財癒着の高級官僚が叩かれているわけではないのです。
 生活保護問題も同様です。構造改革によって切り捨てられた国民の最後のセーフティネットと言われているのが生活保護ですが、これを生存に必要なレベル(文化的な生活とは無縁)にまで切り捨てることが究極の目標であり、国民全体に跳ね返ってくる問題です。

 そればかりではありません。日本維新の会に集まってきている人たちがまた胡散臭い。
 何故、東国原英夫(そのまんま東)氏であったり、竹中平蔵氏だったりするのでしょうか。
 竹中平蔵氏は、小泉元首相の側近であり、構造改革を推進して日本をダメにしたA級戦犯の1人ですが、構造改革を推進する橋下氏の選択としてはあり得るところでしょう。何でも、竹中平蔵氏は、選挙に出ることは固辞されたとか。
 それはそうでしょう。あのときの構造改革が国民に支持されているはずもなく、そのことはご本人が一番、自覚していることでしょうから。選挙に出て、マスコミがこぞって橋下氏の日本維新の会を持ち上げても果たして当選できるのやら?
 竹中平蔵氏らが目指していたものが国民生活の向上ではなく、グローバル化した財界利益代表なのですから、国民の支持が集まらなくて当然なのですが、目的が一緒とはいえ、橋下氏はわかりやすい人をお招きしたものです。

 それに比べて東国原英夫氏ですか。これは、橋下氏維新の会の人選の象徴のようなものです。

 これまでも物議を醸す人々が集まってきていました。
 大阪市の区長を「公募」していましたが、発言で物議を醸す方もいました。
大阪・公募区長:ツイッターで不適切発言(毎日2012年6月23日)
「近頃の日本は右翼があかん政治家を殺したりせえへんようになった。今の時代に殺す必要は無いのかもしれんけど、菅直人は正直殴ったらなあかんと思っている。SPの人には悪いけど私の前に来たら必ず殴ります。たとえ懲役に行くことになったとしても。覚悟しとけよ。ボンクラ政治家よ!」

 市議になった方々にもその言動が取り上げられたこともありました。
 かつては、橋下氏との間で、懲戒請求騒動、損害賠償でやりあった弁護士も応募いました(選考で残ったのかなあ?)。
 オレがオレがの人の集まりが維新の会の様相です。
 自民党小泉選挙、民主党政権交代選挙のときも、色々、物議を醸す人たちが「当選」してきましたが、維新の会は、その比ではないようです。
 自分が選ばれた時の人であると勘違いしている人たちの巣窟です。
 そういえば、大阪和泉高校の校長、中原徹氏も勘違い組の1人でした。

 橋本維新の会の政策は、構造改革推進であり、宮崎県の利益にはなりませんが、東国原英夫氏にとって、宮崎県は単なる踏み台でしかなったようですから、どうでもよいことなのでしょう。2009年の衆議院選挙では、自民党に公認候補にするなら総裁にせよとまで言った御仁ですから、オレがオレがの代表格でしょう。
 このレベルの人たちの集合体では、組織としての体はなしませんから、崩壊するのも早いでしょう。

 それでも、国民は、このような橋下氏維新の会に期待してしまうのでしょうか。
 橋下氏を持ち上げようとしてマスコミが振りまく幻想に騙されてはいけません。
**************************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 橋下徹 日本維新の会 財界 都市部 富裕層 利益代表 公務員叩き 生活保護 庶民 正体

大阪維新橋下徹  日米関係も、日韓、日中関係も正しい関係を築けない 財界、大メディアのミスキャスト、失態

http://www.amakiblog.com/archives/2012/09/03/#002368 によると、
**********************
2012年09月03日
橋下大阪市長では日本の首相はつとまらない

 政局は次の首相選びで一色だ。

 自民党総裁選候補が乱立し、民主党党首選候補も細野などが浮上
してきたらしい。

 そこへきて橋下大阪市長が再びメディアの注目をあびるように
なった。

 果たしてどのような政権が日本の政治を動かし、どのような人物が
日本の首相になるのだろうか。

 しかし今名乗りをあげようとしている政治家の誰がなってもうまく
行かないだろう。

 彼らでは日米関係も、日韓日中関係も正しい関係を築けない。

 そのなかでも特に橋下大阪市長では日本の首相はつとまらない。

 なぜか。

 その理由はいくつかある。

 その中でも慰安婦問題についての彼の対応は致命的だ。

 慰安婦は日本ではCOMFORT WOMENと訳しているが、世界では
AEXUAL SLAVERY(性奴隷)だ。

 クリントン米国務長官はそう言って非難している。

 安倍晋三もそうだが、慰安婦問題を否定する橋下を米国は認めない。

 米国が認めないものは日本の首相はつとまらない・・・
************************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 大阪維新 橋下徹 日米関係 日韓 日中 財界 大メディ

「野田首相の根本的な考え方(財界、アメリカ言いなり政治)は僕らと一緒だと思う」 大阪維新橋下徹 正体現す

http://blogos.com/article/42968/ によると、
********************
橋下氏が野田首相絶賛/改憲・TPP…方向同じ

しんぶん赤旗
22012年07月12日 10:31

「僕は民主党の支持率は急回復すると思う。やっぱり野田首相はすごい」(10日)。橋下徹大阪市長(「大阪維新の会」代表)が突如、野田佳彦首相を絶賛し始めています。一時は「倒閣」まで叫んでいた橋下氏ですが、底が割れたかといわざるをえません。

国民の懸念や反対押し切り
 橋下氏は10日の市役所での囲み取材で、野田首相が「確実に『決める政治』をされている」と評価。「集団的自衛権(の憲法解釈見直し)を議論されるといい、TPP(環太平洋連携協定)にも参加表明するとか、当初言っていたことを着実に進めている」と絶賛しました。

 なんのことはない。野田首相が、国民の懸念や反対を押し切り、日本農業に壊滅的な打撃を与えるTPPや、憲法9条を解釈改憲で骨抜きにしようとしていることを評価しているとしかみえません。

 批判を気にしたのか、翌11日の囲み取材では「僕は野田首相が政界再編を見越した上で対立軸になるようなセンターピンを打ち出しながら物事を進めようとしていることについてすごいといったまで」と釈明しました。しかし、橋下氏の野田首相への期待は政治手法だけにとどまるものではありません。

 もともと改憲という方向性は共通しています。TPPについては橋下氏が自ら「僕らはTPPを進めてもらいたい。そしたら、野田首相に頑張ってくださいと言わないと…」(11日)と語りました。

 消費税については、増税を批判するよりも「野田首相は道州制をずっと言われている方だから、腹の底では道州に消費税を渡すしかないとご認識されていると思う」(10日)と推量。「僕の立場だとそれを口にできるが、首相の立場だと言えないのであろう」(11日のツイート)と思いやりまでみせています。

 橋下氏の持論は、消費税の地方税化と引き換えに地方交付税を廃止するもので、「地方は4兆円損をする」と自分自身がツイッター(4月6日)で語っていたもの。「地方は…消費税を上げるか、サービスを削るしかない」(同)という最悪の仕組みです。

財界・米国の言いなり政治
 橋下氏は10日の囲み取材で「野田首相の根本的な考え方は僕らと一緒だと思う」ともいいました。民意を顧みずに財界アメリカ言いなり政治にまい進する野田首相に共感を寄せているのです。

 ここには、古い政治をより強権的な手法で進めようとする、橋下・「維新」という逆流の正体が現れているといわざるをえません。
********************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 野田首相 財界 アメリカ 大阪維新 橋下徹 正体 本性

大阪維新橋下徹の本性 財界、自民、民主、既成政治の受け皿なんだ

http://blog.goo.ne.jp/yajimatakehiro/e/ae92843b004c35526b7add548699d417 によると、
********************
橋下徹が豹変!? 何を考えているのか。

橋下徹大阪市長は10日、「民主党の支持率は急回復すると思う。野田首相はすごい。確実に『決める政治』をしている」などと語ったという。橋下市長はつい先週まで野田政権を厳しく批判していたと思うが、突然の変心だ。いったい何があったのか。

記事によれば、「野田首相は集団的自衛権やTPP(環太平洋経済連携協定)に積極的ですごい」と言ったり、消費増税も前向きに評価する発言をしたという。いったい何を考えているのか、理解に苦しむ。
こんなに態度がクルクル変わるようでは、もはや橋下など信用できないではないか! 呆れてものが言えない。

以下に、産経新聞の記事を転載しておく。

橋下氏が評価一転「首相すごい」
2012年7月11日(水)08:02  産経新聞
 「民主党の支持率は急回復すると思う。首相はすごい」-。大阪維新の会率いる橋下徹大阪市長が10日、野田佳彦首相を絶賛した。これまで橋下氏は、消費税増税や原発再稼働などで政権批判を続け、一時は倒閣まで宣言。いきなり評価を一転させたことに周囲も驚きを隠さない。
 橋下氏は記者団に「首相は集団的自衛権を議論し、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に参加表明するという。当初言ったことを着実に進めている」と強調。大阪都構想実現に向けた与野党合意や、社会保障・税一体改革関連法案の衆院通過も挙げ「確実に決める政治をされている」と語った。「首相を核に考え方が同じ人が自民党、民主党を問わず集まるとものすごく力強い政権になるのではないか」とも述べた。
*******************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 大阪維新 橋下徹 本性 財界 自民 民主 既成政治

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。