スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民不在 党利党略 私利私欲 四分五裂の選挙互助会、「第三極」 今国民が求めているのは自公民に対する「対極」だ 橋下徹の本性 正体

http://news.livedoor.com/article/detail/7144744/ によると、
**********************
第3極早くも内ゲバ! 橋下氏、石原氏を批判 減税日本との合流に不快感

ZAKZAK(夕刊フジ)
2012年11月15日17時12分

 野田佳彦首相が「年内解散」を宣言したことで、大同団結を目指す第3極の政党には、準備不足による焦りが広がっている。石原慎太郎前東京都知事率いる「太陽の党(太陽)」は15日、河村たかし名古屋市長の「減税日本」と合流するが、「日本維新の会(維新)」代表である大阪市の橋下徹市長は強い不快感を示した。一方、「国民の生活が第一(生活)」の小沢一郎代表は埋没・孤立気味で、極めて苦しい立場にある。
 「戸惑っている。石原さんのマネジメントは正直疑問だ」
 橋下氏は15日、太陽と減税日本との合流についてこう語り、石原氏の政治判断に異議を唱え、両党との合流は困難との認識を強調した。市役所で記者団に答えた。第3極を牽引する橋下氏の発言は要注目だ。
 石原氏とともに太陽を率いる平沼赳夫共同代表も14日、「もう少し時間がほしい。協議を短時間でまとめられるか疑念がある」と、大同団結に向けた苦しい胸の内を明かしている。
 橋下氏は記者団に「(間に合うかどうか)分からない。最後まで諦めずに協議したい」「石原氏とは一緒にやりたいと思っている。合流でない形で共闘できるかどうか探っていく」と話し、「みんなの党」の渡辺喜美代表も「ちょっと時間が足りないのが現実だ」と焦りをにじませた。
 次期衆院選の候補者については、太陽が数十人、維新が241人以上、みんなの党が100人の擁立を目指したうえで、競合しないように選挙区調整することを模索している。
 しかし、選挙戦で争点になりそうな「消費税」「原発」「TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)」をめぐる各党間の隔たりは埋まっておらず、候補者調整も進んでいない。時間切れに終わる可能性もある。
 そもそも、野田首相が「年内解散」を強行したのも、第3極の準備不足を狙ってのことだった。
 一方、中小政党の大同団結の形として「オリーブの木」構想を掲げてきた小沢氏は苦しい。民主党離党者からなる「新党きづな」が近く生活に合流するが、石原氏は「小沢とは組まない」と明言し、橋下氏以外の維新幹部も「小沢嫌い」が多く、いまのところ連携が広がる気配はない。
 しかも、14日の党首討論は「16日解散」で盛り上がり、久々に表舞台に登場した小沢氏は存在感を示せなかった。「何かかわいそうだったね。自民、公明のつなぎみたいだった」(閣僚の1人)と同情されたほどだ。
 急発進を余儀なくさせられた第3極は、どんな形で、国民の審判を仰ぐのか。
*********************
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 国民不在 党利党略 私利私欲 四分五裂 選挙互助会 第三極 対極 橋下徹 本性 正体

橋下徹に群がる危険な仲間 愛媛・松山「維新の会」 その本性 正体 「第三極」とは笑わせる

http://news.livedoor.com/article/detail/7026581/ によると、
*********************
livedoor > ニュース > 政治 >
橋下氏に群がる危険な仲間/愛媛・松山「維新の会」/憲法改悪、原発・TPP・増税推進/悪政のオンパレード

しんぶん赤旗2012年10月09日09時40分

 四国・愛媛県の地方議員集団、「愛媛維新の会」(県議会、4人)と「松山維新の会」(松山市議会、13人、議会最大会派)が、国政進出に乗り出した「日本維新の会」(代表・橋下徹大阪市長)への合流を決めました。
 「愛媛維新の会」は2011年4月のいっせい地方選後、横田弘之議員ら3人で結成、今年9月には、梶谷大治議員が自民党を離党し加入しました。「松山維新の会」は10年4月の市議選後5月に、自民党議員9人と民主党系会派の議員4人が立ち上げました。
 中心になっているのは、橋下市長の「盟友」とされる中村時広知事です。もともと「松山維新の会」は、中村知事が松山市長時代に中村市政への対応を自民県連から批判された議員が中心になってつくったもので、「既得権益の打破」を主張していますが、自民党内の対立でできた中村氏の“私党”です。
 「維新の会」の特徴は、際立ったタカ派ぶりです。
 「愛媛維新の会」の横田議員は、今年の2月県議会の一般質問(2月29日)で、「自衛隊がわが国の平和と安全を守り、国土を確保し、わが国の独立をみずから守るため」に「憲法の改正をはじめ自衛隊法の整備など」を「一日も早く進めなくてはならない」と憲法9条改悪を主張。
 改憲のための国民投票法成立後も改憲論議が進まない状況について「危機管理意識のあまりの低さに言葉を失う」と“いら立ち”を見せました。
 「松山維新の会」の若江進議員は、自民党松山市支部連合会の政調会長・青年局長を歴任しています。市議会では、市教育委員会に育鵬社の侵略美化教科書採択を迫っています。
 ホームページによると若江議員は、天皇の靖国神社参拝実現を目指す「英霊にこたえる会」会長の中條高徳氏(日本会議代表委員)を招いた「建国記念の日奉祝愛媛県中央大会」の実行委員会などに参加。作家・三島由紀夫らによる自衛隊・市ケ谷駐屯地への乱入事件を「義挙」と賛美しています。
 愛媛県で大きな問題となっているのが、伊方町にある四国電力伊方原発の再稼働問題です。
 そばに巨大な活断層「中央構造線」と南海地震の震源域を抱えるだけに、3号機で行われてきたプルサーマル発電(ウランとプルトニウムの混合燃料を使用)問題とともに、その危険性が県民の関心を集めています。
 中村知事は運転差し止め訴訟(2011年12月提訴、原告622人)、愛媛県庁包囲行動(12年6月10日)など広がる伊方原発反対の声に、敵意をむき出しにするなど、財界と同じ立場です。今年6月の県議会では「日本の経済やエネルギー情勢から考えると、原発は四国においても必要」と原発推進の立場です。
財界を代弁
 その知事と一心同体なのが「維新の会」です。
 伊方町を含む八幡浜市・西宇和郡区選出の梶谷県議は今年6月の県議会で、「安定した電力供給を維持するために、原発の再起動を速やかに進めるべきではないか」と主張しています。
 横田県議は2月議会で、消費税増税について「国民に負担を求める以外にない」と強調。
 国民に負担を押し付け、TPP(環太平洋連携協定)参加に賛成という立場も、財界とうり二つです。
 農家への参加をめぐっても、戸別所得補償制度を「安易な選挙目当ての後ろ向きの政策」と批判。「国際競争力の強化による対応も重要」と財界の主張を代弁しました。
 日本共産党の佐々木泉県議は「中村知事と『維新の会』は、医療・福祉切り捨て、自治体の『商社』化、TPP推進など国以上にひどいやり方です。中村知事と『維新の会』の本質を告発し、本当に県民の立場に立った県政・市政への転換のために奮闘します」と話します。 (内田達朗)
**********************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 橋下徹 愛媛 維新の会 本性 正体 第三極

国民不在で党利党略 本籍自民の維新とみんな 「第三極」とは笑わせる 橋下徹の本性 正体 

http://news.livedoor.com/article/detail/7023131/ によると、
*********************
livedoor > ニュース > 政治 >
維新みんな「喜美外し」で仕切り直し

産経新聞2012年10月07日12時15分

 日本維新の会とみんなの党が、衆院選の選挙協力や連携に向けた協議を再開することになった。維新の松井一郎、みんなの江田憲司両幹事長レベルで行うのがポイント。みんなの渡辺喜美代表の発信力が弱まり、第三極勢力を牽(けん)引(いん)したい橋下徹代表の警戒が解けたことが大きな要因だが、維新の勢いに陰りが生じ、全国規模の候補者擁立が難しくなってきた事情もある。
 維新の候補者選定委員長となる竹中平蔵元総務相は6日、テレビ東京の番組で「みんなの党が掲げる政策は『維新八策』とほとんど同じだ。政界再編への触媒を維新とみんながやってほしい」と述べ、両党の選挙協力に期待を示した。
 維新とみんなの関係が冷却したのは、8月20日に渡辺氏が大阪入りし、橋下、松井両氏と会談したことがきっかけだった。
 表面上は、合併をめぐる見解が一致しなかったとためとされる。しかし、もともと橋下氏サイドは「渡辺氏の強烈な個性が橋下氏の存在感を殺す」(維新関係者)と警戒。しかも、数日後に江田氏を交えた4者会談が予定されていたにもかかわず、渡辺氏が江田氏を出し抜く形で単身大阪入りした態度に「橋下氏らは腹を立てた」(同)という。
 以降、渡辺氏に対する「独断専行」批判がみんなの党内から公然と上がり、参院議員3人が日本維新に合流するなど急速に求心力が低下。代わって、党内最大勢力である神奈川県出身組を代表する幹事長の江田氏の存在感が増したのだ。
 一方維新も、衆院で単独過半数を目指すとした戦略の転換を迫られつつある。維新は最近の世論調査で支持率が下降しており、他党には「ブームに陰りが見える」との声も出始めた。「これまでは既存政党への不満が僕らの方に流れていた」。橋下氏は今月2日、自民党への支持率の高まりを受け止めつつ「そういう消極的な支援から、積極的な支援に変わるように活動しなければ」と語った。
 再び連携にむけて動き出す維新とみんなの党。今後の協議では「大阪と神奈川をそれぞれの拠点とした地域別の選挙協力」が一つの落としどころとなるとの見方も浮上している。
*************************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 国民不在 党利党略 自民 維新 みんな 第三極 橋下徹 本性 正体 コスプレ

概ね 自民党員でつくり 本籍自民党員が群れる エセ第三極 橋下徹 日本維新 化けの皮が剥がれる その本性 正体

http://news.livedoor.com/article/detail/6977459/ によると、
**********************
livedoor > ニュース > 政治 >
失速が始まった 橋下新党 支持率2%に真っ青

2012年09月23日10時00分
提供:ゲンダイネット

<9日の公開討論が致命傷>

 橋下徹が真っ青になっているらしい。予想外に支持率が低迷しているからだ。

 朝日新聞の調査では、政党支持率は〈民主16%、自民15%、維新3%〉。衆院比例区の投票先も〈自民23%、民主15%、維新5%〉という低さだ。読売の調査でも、支持率は〈自民21%、民主15%、維新2%〉。投票先は〈自民31%、維新16%、民主14%〉だった。投票先では、地元「近畿」でも自民党にトップを奪われている。

 とうとう、ネットの質問サイト「ヤフー知恵袋」に「日本維新の会は早くも失速でしょうか?」という質問が寄せられる始末だ。

「やはり9日の公開討論会が致命傷でした。維新の会に鞍替えする7人の国会議員などと討論会をやったが、彼らは『大賛成!』『おっしゃるとおり!』と橋下を絶賛するだけ。さすがに、あれでは国民はシラけるし、橋下新党の底が割れた。しかも、衆院選の目玉候補は、そのまんま東のようなB級ばかりです。この先、候補者が具体的に決まれば決まるほど、支持を失っていくはずです」(維新の会事情通)

 追い打ちをかけるように、橋下新党を支えてきたブレーンが、一斉に“離反”しつつある。

 これまで「維新の会」の政策は、“脱藩官僚”の古賀茂明氏(経産省)、原英史氏(経産省)、高橋洋一氏(財務省)の3人が知恵袋となってつくってきた。ところが、橋下新党に愛想を尽かし、近々“集団離脱”するとみられているのだ。

 もし、3人の頭脳に見放されたら維新の会は終わりだ。

「3人は維新の会の“変節”にかなり違和感を持っているようです。『脱原発』のエネルギー戦略会議が中止になってしまったことも大きい。消費増税についても、橋下市長は『決まったことは受け入れる』と容認してしまった。なにより、最近の維新は、安倍晋三にラブコールを送ったり、改憲に熱心だったりと、改革派の“第三極”というより、“第2自民党”のようになっている。さすがに、政策づくりに熱心な3人はついていけないでしょう」(霞が関関係者)

 もともと、3人は「みんなの党」のブレーンだったこともあって、橋下新党とみんなの党が、ケンカ別れしたのをキッカケに、みんなの党にシフトするだろうとみられていた。19日も、「みんなの党」が開いた勉強会に3人そろって参加している。

「橋下市長は、支持率が低迷しているうえに、頼りにしていたブレーンが距離を置きはじめたことで焦りまくっています。19日も、唐突に『大飯原発を止められるかどうかが試金石だ』と、一度は再稼働を容認したくせに脱原発を訴えたり、企業献金を受け取らないことを表明して『絶対に自民党にはできないことだ』と叫んでいる。なんでもいいから、とにかく国民受けのすることを訴えようということでしょう」(政界事情通)

 もともと維新の会は、民主党と自民党があまりにヒドイから伸びてきた勢力。実績や中身があるわけじゃない。いよいよ、橋下新党のバケの皮がはげてきた。
*************************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 自民党 第三極 橋下徹 日本維新 化けの皮 本性 正体 支持率

「日本維新の会」=「日本復古の会」 自民党小泉、安倍政治の復活 「第三極」との鳴り物に国民はまた騙されるのか 橋下徹の本性、正体

http://blogos.com/article/46843/  によると、
***********************
本当はゴミやガラクタをかき集めた「日本復古の会」ではないのか

五十嵐仁
542012年09月15日 10:41

 これでは「維新」ではなく、「復古」と言うべきではないでしょうか。超新自由主義的な政策を除けば新しいものは少なく、すでに手垢が付いた古くさい政策の寄せ集めですから。
 前回9月13日のブログで紹介した「維新八策」には、首相公選制、道州制、国民総背番号制、TPP参加、日米同盟基軸、PKO強化などが列挙されていました。これまでも一部の政治家や財界などが主張してきたものばかりです。

 そればかりではありません。新党の党首となった橋下大阪市長は、日本の集団的自衛権について「基本的に行使を認めるべきだ。権利があれば行使できるのは当たり前だ」と述べ、行使を容認すべきだとの立場を初めて明言しました。
 また、靖国神社参拝についても「日本の歴史をつくってきた人に対して礼を尽くすのは当然」と述べ、参拝する意向を示しました。焦点の消費税増税については、「最終的な方向性が消費税の地方税化だとはっきり示されれば、当面の財源不足を補うための増税はやむを得ない」とし、条件付きで消費増税を認める考えを示しています。

 新党の幹事長となった松井大阪府知事も、共同通信のインタビューに対して、「構造改革を続け、規制緩和で日本の経済構造を根源から見直すことができていれば、日本への投資は集まった」と答え、破綻が明確となった小泉構造改革路選を継承することを明らかにしています。
 また、憲法改正について、「自民党が実際に取り組むなら賛成する。まず(改憲発議の要件である衆参議員の賛成)3分の2以上を過半数に改正し、国民を巻き込んで憲法(の条文)を変えていけばよい」と述べています。憲法改正をめざすこと、そのために自民党とも連携することを明らかにしたわけです。

 問題は政策や方針だけではありません。新党の結成メンバーも各党からかき集められたゴミやガラクタのような議員ばかりです。
 新党に加わったのは、松野頼久元官房副長官(民主)、石関貴史衆院議員(民主)、水戸将史参院議員(民主)、松浪健太衆院議員(自民)、小熊慎司参院議員(みんな)、上野宏史参院議員(みんな)、桜内文城参院議員(みんな)の7人でした。松野さんを除けばほとんど名前が知られていない、選挙に不安を抱える若手で政治的な野心家ばかりです。
 これらの議員たちは、これまで民主・自民の与野党に分かれていたり、その民主・自民が加わった「3党合意」を厳しく批判して内閣不信任案や問責決議案を出したみんなの党からの出身者です。理念や政策が一致して新党に参加したというのであれば、これまでの相違や対立をどう説明するのでしょうか。

 さらに、応援団やブレーンとされる人々では、堺屋太一元経済企画庁長官や竹中平蔵慶應大学教授、東国原英夫前宮崎県知事に中田宏前横浜市長、山田宏前杉並区長などの名前が挙がっています。これらの人は、今後の選挙の「目玉候補」として擁立されるかもしれません。
 しかし、どの人も使用済みのダシガラのようなもので、ただの目立ちたがり屋ばかりです。「昔の名前で出ています」というところでしょうが、どれだけ有権者にアピールできるかは疑問です。
 これで、安倍晋三さんが総裁選挙で負け、自民党を飛び出して合流するようなことになれば、もっと分かりやすくなるでしょう。もともと安倍さんには橋下さんが党首を打診していたわけですから、その可能性も皆無ではありません。

 でも、その時には、誤解を招かないようにちゃんと改名した方が良いのではないでしょうか。「日本維新の会」から「日本復古の会」へと……。
**************************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 日本維新の会 日本復古の会 自民党 小泉 安倍 第三極 橋下徹 本性 正体

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。