スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「未来」はバラバラ支離滅裂に 結局は選挙目当てで国民不在の「選挙互助会」 生活第一とは聞いてあきれる

http://news.livedoor.com/article/detail/7269732/ によると、
*********************
野党、足並みバラバラ 未来分裂、亀井氏離党へ 維新、新政権側に接近か

産経新聞2012年12月27日08時02分

 安倍晋三首相に対し、野党各党の足並みはそろっていない。衆院選で惨敗した民主党は26日、海江田万里代表の新体制が固まったばかり。「第三極」では日本維新の会が政権に協力する可能性を示唆する一方で、日本未来の党は旧「国民の生活が第一」の小沢一郎代表の処遇をめぐって対立が激化、亀井静香元金融担当相が離党を表明するなど分裂が決定的となった。衆院で圧倒的多数を占める自民、公明両党も参院では過半数に届かない中で、野党各党は独自の動きを強めることになりそうだ。(大谷次郎)
 「この数日の文化の違いをみていると、修復は難しい。成田離婚…」
 未来の阿部知子氏は26日、小沢氏との決別を宣言した。未来では嘉田由紀子代表(滋賀県知事)が阿部氏を共同代表とする人事案を示したことに小沢氏に近い議員が反発。これに対し嘉田氏は26日夜の記者会見で「小沢氏のグループと平和的に分党できる方向を探っている」と年内に分党する考えを表明した。未来は所属国会議員17人のうち15人が旧生活出身。亀井氏も「いまの党の状況では日本を立て直し、未来をつくっていく状況はつくれない」と離党方針を示したため、分党すれば所属国会議員は阿部氏のみとなる見込み。
 嘉田氏も同日、滋賀県議会から「県益を損ねる」として、知事と党代表の兼務解消を求める決議を賛成多数で可決された。
 民主党では海江田氏が新役員人事を固めた。野党時代に設置していた「次の内閣」を復活させる方針で、政権奪還の足掛かりとしたい考えだ。ただ、海江田氏は衆院本会議後「改めて本会議場の議席に座ってみると、少ないなと実感した…」とぽつり。記者団から安倍政権への対峙(たいじ)姿勢を問われると「まず私たちの考えをぶつけていきたい。それをみながら決めていく」と述べるにとどめた。
 大敗ショックの抜けない民主党をよそに、みんなの党の渡辺喜美代表は新政権に厳しい姿勢を示しながらも、あいさつに訪れた安倍氏と握手をし「自民党とみんなの党で共同提案している法案があるが、閣法で出してほしい。全面的に協力する」と水を向けた。
 日本維新の会の松井一郎幹事長(大阪府知事)は渡辺氏以上に踏み込んだ発言をした。府庁で記者団にこう述べたのだった。
 「自民党の中心的な人とは電話で連絡させてもらっている」
**********************
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 未来 バラバラ 支離滅裂 国民不在 選挙互助会 生活第一

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。