スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民も舐められたものだ 原発放射能殺人に次いで 今度は消費税増税で 国民はもう絶命、全滅

http://good-hiro1.cocolog-nifty.com/blog/ によると、
*********************
2012年8月 9日 (木)
クサレ与党にクサレ野党 消費増税法案成立へ

与党返り咲きを狙い、権力を掌中にしたい筈の自民党が首相問責・内閣不信任案を出すであろう、と私は予測していましたが、見事に外れてしまいました。取り敢えず消費増税は動かしがたい、つーことか。
国民を塗炭の苦しみに陥れる悪法を、テメエらの権力欲と保身だけ。
談合の果ての党利党略、個利個略。時代劇なら「天に変わって成敗してくれる」と、言いたいところです。しかし、いつから民自公は連立組んでんだよ?カス。

---------------
ロイター(通信)
野田佳彦首相と谷垣禎一自民党総裁、山口那津男公明党代表は8日夜、3党党首会談を行い、消費増税を含む一体改革法案の早期成立を図ること、成立後近いうちに国民に信を問うこと、の2点で合意した。これを受けて、自民党は内閣不信任案と問責決議案の提出を見送る。
---------------

中小野党が提出している不信任案と問責決議案も否決し、参議院での一体改革関連法案採決の環境を整えることとなる。


どんなことをしてでも消費税増税を成立させよ、という財界・マスゴミ上げて自民党にプレッシャーをかけたのでしょうか。
まあ、なにしろ、今の総裁がヘタレのチャリガキさんですから、それらの圧力に抗うことを躊躇してしまったのかもしれません。

初めは、「近い将来に」解散する、という民主党の返事に対して、「舐めとったらあかんで、どついたろか」と大阪的怒りをあらわに。では、民主党が「近いうちに」解散いたします。と言い直したところ、あら不思議。
「ま、まあ、今日はこれくらいにしとったるわ」とチャリガキさんが一転、不信任案を提出しません、という吉本新喜劇風になったみたいです。

「近いうち」なら良くて、「近い将来」は許せんというのは、受け取る方の感じ方でしかないような気がいたします。「まあ、そのうちに」、というのは断り文句だと、いうのが世間一般の通り相場だと思っていたんですが、「近いうちに」は「近いうち」だ、というのはトコトン能天気ではないでしょうか。
何しろ相手はペテン師民主党ですぜ。「気をつけなはれやぁ」、と京都弁で言ってもチャリガキは聞く耳を持たないのでしょうかね。

ま、端的に近い将来という言われ方は、どこか人をおちょくっているような気がせんでもないのですがね。タニガキさんは以前の「加藤の乱」でも、アンタが大将なんだから、とかナントカ言って、腰砕けの原因を作ったような記憶がありますけれど。ツイートしたけれどやはり「キング・オブ・ヘタレ」という印象です。

オラオラ、不信任だぜと、解散に持ち込めば自民党には三党合意破りの汚名を着せられるし、しょせん消費税増税したいという思惑は同じだし、まあ、近いうちは近いうちだろうし、なんて妥協したんでしょうね。総裁選もあるし選挙に勝てばオラッチが総理だぜ、ということでしょうか。

消費税の非道ぶりはこれからも書き殴っていきますが、もはや許せないという思いだけが突出していきますよ。

何にしろ、どこまでもあくなき権力への野望がギラギラと照りつける午後2時半というか。国民に負担を押し付けるくせに、国民不在どころか、国民無視の暴挙でしょうな。これこそ談合政治の極め付けですわな。これを大阪のバカ殿コスプレイ・ハシゲ市長は「高度な政治判断」とぬかすんですから、このガキも一緒にす巻きにして淀川に流してしまえ、と思ってしまいます。

民主党に残る消費増税に「慎重な」連中はこれで内閣不信任に賛成しないのかな。それこそ煮え切らない、権力しがみつき保身政治屋という誹りを受けても仕方がありませんね。
政治なんて、しょせん魑魅魍魎の腐った世界です。
***********************
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 国民 原発 放射能 消費税 増税 自民 公明 民主 不信任

国民から見放された民自公「野田-谷垣」が庶民増税を決めて食い逃げ

http://news.livedoor.com/article/detail/6811009/
*********************
livedoor > ニュース > 政治 >
野田相首と財務省「大増税カレンダー」悪魔の15項目vol.3

2012年08月01日07時00分
提供:デジタル大衆 週刊大衆WebMagazine

ちなみに、この試算には電力料金や風力・太陽光発電の固定買い取り制など、これから上がるであろう光熱費は含まれていない。

そのうえ、標準世帯では、15年10月に10%になる消費増税分が、前出の年間13万3000円。これが別途加わることになる。

まさに、"地獄の増税シナリオ"なのである。

法政大学教授の五十嵐仁氏が、こう語る。

「消費増税に復興増税、また社会保険料の増額など、庶民にとっては二重苦・三重苦・四重苦という状況です。これでは消費は落ち込み、国内景気が上を向くことは考えられない。このデフレ下での増税は"百害あって一利なし"なんです。企業にしても、消費増税で、中小企業が連鎖倒産する可能性は否めません」

つまり大増税は、庶民の生活ばかりか、日本経済全体まで壊しかねないのだ。

だが、これで終わりではない。ここまでは、あくまで"すでに決まっている"増税。野田谷垣と、それを操る財務省は、さらなる負担を用意しているという。

政治評論家の本澤二郎氏が怒りをこらえつつ語る。

「今回の増税法案を、財務省は突破口と考えています。というのも、さらなる増税を狙って虎視眈々だからです。たとえば、所得税と相続税の最高税率の引き上げなども、財務省内では俎上にあがっています」

さらに、消費税が10%となる15年10月以降には、「新たに7・1%引き上げて17・1%にする案も具体的に検討され始めました。とはいえ、いくら増税をしても、それを実行する政治家や官僚たちが"穴のあいたバケツ"では、なんの意味もありません」(前同)

〈税増えて天下り先また増える〉

これはネット『税金川柳』に投稿された川柳だが、まさに言い得て妙。

庶民の悲鳴と財務省の高笑いが、日本中に響き渡る日が近づいている――。
**********************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民自公 野田 谷垣 増税 消費税

民主参院もバラバラ 泥舟から逃げ出し始めた これでも国民の命運を決する消費増税を決めるのか

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120717/stt12071723200012-n3.htm によると、
*********************
輿石幹事長、揺らぐ参院のドンの座 影響力は風前の灯

2012.7.17 23:19 (1/3ページ)[民主党
民主党役員会に臨む輿石東幹事長=17日午後、国会内(酒巻俊介撮影)
 民主党輿石東幹事長の影響力が地に落ちようとしている。新党を結成した小沢一郎氏らの集団離党に続き、参院民主党から新たに3人の離党者が出た。先の全国幹事長会議で結束を確認し合ったばかりなだけに、輿石氏も動揺は隠せない。「参院のドン」としての座は大きく揺らいでいる。(坂本一之)

 「崖っぷちに立っている危機的状況を共有しないと大変なことになる。国民に信を問う前に政権が崩壊する」

 17日午後に国会内で開いた役員会。参院議員会長として最も掌握しなければならないはずの参院から3人の離党者が出たことで、さすがの輿石氏も危機感をあらわにした。

 その後の常任幹事会では「消費税、原発問題はうっかりすると、すべての女性を敵に回しかねない」と漏らし、昼の参院常任役員会では「みんなで落ち着かせないと…」と動揺が広がるのを食い止めるのに躍起となった。

2012.7.17 23:19 (2/3ページ)[民主党
民主党役員会に臨む輿石東幹事長=17日午後、国会内(酒巻俊介撮影)
 これほどまでに輿石氏が焦るのには理由がある。先の集団離党は小沢氏の意向が強く働いており、その大義は「消費税増税反対」だった。しかし今回、離党届を提出した面々は違った。

 谷岡郁子参院議員は原発再稼働反対派の急先(せん)鋒(ぽう)で、舟山康江参院議員は環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)反対の中心メンバーだ。このことは、党分裂の原因が消費税増税にとどまらず、原発やTPP問題にまで波及し始めたことを意味する。

 舟山氏は山形選挙区選出のため、同じ山形を地盤とする鹿野道彦前農水相も説得にあたったが、翻意させることはできなかった。

以下 2012.7.17 23:19 (3/3ページ)[民主党]へ(省略)
*********************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 参院 泥舟 輿石 消費税 増税 野田 政府 離党

主権者意識を自覚した国民の威力 (実質自民)小沢にはもう騙されない

http://news.livedoor.com/article/detail/6763430/ によると、
*********************
livedoor > ニュース > 政治 >
消費増税には大反対だが小沢新党は支持しない」理由(1)

2012年07月17日10時57分
提供:アサ芸プラス

 何が何でも消費税を上げ、国民負担を増大させようとするどじょう政権に「NO」を叩きつけて離党。国民目線の主張と造反劇に「よくやった、小沢! 」と庶民の拍手が湧き起こる──。いや、現実とは悲しいもので、決してそんな事態にはならなかったのである。世論が示したのは、理のある言い分に共感はしても、支持はできないという裏腹な感情。いったいナゼなのか。
「正論」を吐いても嫌われる
 政権交代から3年。民主党がついに分裂した。
 消費増税関連法案の採決に反対票を投じた小沢一郎氏(70)は、造反に同調した小沢グループ議員を引き連れ、集団離党を表明。野田佳彦総理(55)は離党届を受理せず、党の倫理規則で最も重い「除籍」処分を下し、決別の意思を示した。「小沢新党」に活路を求めた小沢氏は、離党届提出後の会見でこう言った。
「私たちは『国民との約束にない消費税増税を先行する強行採決は許されない』『政権交代で訴えた社会保障政策を棚上げにした民主、自民、公明の三党合意は国民への背信行為だ』と主張しました。『増税の前にやるべきことがある』とも訴え、反対票を投じました」
 そして、除籍処分を受けたことにも触れ、
「国民との約束を守ろうとする者たちを国民との約束を棚上げにする者たちが処分するとは本末転倒」
 政治部デスクが言う。
「新党の旗印は『増税反対』『脱原発』。各種調査で有権者の過半数が増税反対の意思を示す中、まさに民意を反映したものと言えます」
 小沢氏が衆参両院に届けの名称も「国民の生出た新会派活が第一」だ。
 ところが、である。複数のメディアが実施した「小沢新党」に関する世論調査の結果は意外なものだった。共同通信の調査では、新党に「期待しない」が79・6%、「期待する」は15 ・9%。産経新聞に至っては、それぞれ86・7%、11・1%という数字が出ている。すなわち、「消費増税には大反対だが、小沢新党は支持しない」。小沢氏の正論を、国民は分裂の大義として受け取っていなかったのだ。「政界の壊し屋」小沢氏の新党結成は、新生党(93年6月)、新進党(94年12月)、自由党(98年1月)に続き、これで4度目。正直なところ、小沢氏に対する国民感情はどうなのか。4人の論客に分析してもらい、剛腕に教示していただこう。
*********************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 小沢 小沢新党 消費税 消費増税 主権者国民

自民党の路線を突っ走る 民主党野田政権 それでも自民党は民主党政権を批判 国民は?

http://news.livedoor.com/article/detail/6743557/ によると、
********************
野田、小沢去って“TPP”参加へ猛進!強行突破なら党内ガタガタ

2012年07月10日17時12分
提供:ZAKZAK(夕刊フジ)

消費税増税に続き、TPPでも我が道を突き進む野田首相 野田佳彦政権は、環太平洋戦略的連携協定(TPP)交渉参加問題で、8月中に参加を正式決定し、米国など関係9カ国に通告する方針を固めた。消費税政局で、反対派の巣窟だった小沢一郎元代表のグループから離党者が相次ぎ、意見集約が進むと判断したもよう。ただ、強行突破を図れば党内亀裂がさらに深まる危険もありそうだ。

 「邪魔者はいなくなった。消費税でもTPPでも、首相のやりたいことができるようになる」

 官邸筋は、今後の政権運営にこう自信を見せた。8月上旬に消費税増税を柱とする「社会保障と税の一体改革」法案が成立するのを待ち、野田首相がオバマ米大統領ら関係国首脳との電話会談で正式にTPP参加を伝達するという。

 民主党内には、政権批判をやめない小沢グループの一部議員が残っているが、“総元締め”だった小沢氏さえ立ち去れば「影響力は限られ、政権を揺さぶることは難しい」との見立てだ。

 大阪市の橋下徹市長が「TPP参加推進」を明確にしていることも、官邸は「朗報だ」と受け止めている。成長戦略とTPPをリンクさせて求心力を維持し、9月の党代表選で再選を果たし、「あわよくば長期政権を」との狙いだが、事はそう甘くない。

 民主党幹部は「鳩山グループの若手や中間派議員が、官邸の独走に憤慨している。TPPなどでさらに刺激すれば、内閣不信任決議案に同調しかねない」と危機感を募らせる。

 実際、輿石東幹事長ら党執行部は、野田首相に対して「これ以上、党分裂を拡大させるな。やめろ」と警告している。

 しかし、自らが主導して、民主、自民、公明3党の合意にこぎ着け、消費税政局を乗り切ったつもりとされる野田首相は「聞く耳を持っていないかのようだ」(党幹部)という。

 ベテラン議員は嘆く。「消費税の道筋をつけた自らを、郵政民営化を達成して、長期政権を誇った小泉純一郎元首相になぞらえているんだろう。そういえば最近、独裁者ぶりも小泉氏らしくなってきた」
*********************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 自民党 民主党 輿石 消費税 TPP 小沢 橋下

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。