スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下市長は大阪市の仕事をしろっ!!   テレビ・マスコミはこんな怠け市長、公務員を何故許す 批判しないのか。 何故ヨイショするのか!! 日本の政治の根腐れの極み 維新・橋下徹の本性、正体

http://ameblo.jp/kokkoippan/ によると、
***********************
2012-11-27 09:45:28
橋下市長大阪市の仕事をしろっ!!

 ※ブログ仲間の「事務局長の着物な日々 」から全文紹介させていただきます。



▼事務局長の着物な日々
 橋下市長大阪市の仕事をしろっ!!



橋下大阪市長が全国遊説をしている。



土日ならまだ許そう。



しかし、平日も全国遊説している。
大阪市のホームページには「市長の部屋」というのがある。
そこに「市長日程」というのがある。



ぜひクリックして開いて見てほしい。

「公務なし」「公務なし」と書かれている。

あほか、あんた、大阪市長やろ、
なにやってんねん、
大阪市役所で大阪市民のための仕事をしろよ。



・・・・・・・・・

これは私だけの意見でないということが分かった。

・・・・・・・・・



私は今朝、このページに書かれている大阪市大阪市役所秘書課にTelをし、
そして広報広聴課とも話をした。



そしてわかったことは、



大阪市民から
「平日に公務せんとなにしてんねん」
大阪市の仕事をやれ」
「大阪市民馬鹿にしてんのか」
という抗議の電話がひっきりなしにかかってるということ。



それも橋下市長テレビにでる度にわっとかかってくるという。



そして、
なんと、今の大阪市のシステムでは
橋下市長にはまったくこうした市民の声がとどかないようになっているということ。



おかしいやろ、



あんた、大阪市民からの声を全く聞く気ないんやな。



そして、あんた、多分、投票日まで大阪市役所に来ないつもりじゃないか。



そして、大阪以外のあちこちで、



「大阪市民のみなさんは橋下市長頑張れと応援してくれてます!!」なんて嘘八百並べている。



いいのか、大阪市民、こんなことで。



届かないからと言ってそこでくじけるつもりはない。



このブログをみた方は、
ぜひ大阪市に電話やfaxやメールをして
「おかしいやろ」という当たり前の市民感覚を声にしてほしい。



これは秘書課の方も、広報公聴の方からも、



「お宅様の仰ることと同じことを多くの市民の方からいただいております。」
といわれたので、
私の言っていることは別に少数派じゃない。



あなたもぜひ声をあげてほしい。



抗議先は



秘書課 電話: 06-6208-7237 ファックス: 06-6202-6950 
メールは先ほどの「市長の部屋」から入れる。



そして、このブログをみているマスコミ各社の記者さんたち、
大阪市をちゃんと取材して
大阪市長に対する大阪市民の声を客観的に正しく伝えてほしい。



秘書課の人も広報公聴課の人も、
正直、市民からの声に答えようがなくて困っているのだから。

********************
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 橋下市長 大阪市の仕事 テレビ マスコミ 怠け市長 公務員 維新 橋下徹 本性 正体

橋下市長は『月の光』 大マスコミが『太陽の光』を差して初めて光っていた 参加した国会議員は選挙目当ての“ガラクタ” 維新 橋下徹の本性 正体

http://news.livedoor.com/article/detail/7059118/ によると、
**********************
国会の赤じゅうたんでオドオド オーラの消えた橋下徹

ゲンダイネット2012年10月19日10時00分

「日本維新の会」代表の橋下徹大阪市長が上京し、15日国会内を中心に各党に挨拶回りをした。その姿を見た与野党議員は口々にこう言っていた。
「表情に力がない」
「オーラがなくなった」
 維新はここへきて支持率が急落。国政新党を結成したはいいが、参加した国会議員選挙目当ての“ガラクタ”と揶揄(やゆ)され、さらに市長と国会議員の権力争いも露呈し、メッキが剥がれてきた。それが影響してか、国会内の赤じゅうたんを歩く橋下は、借りてきた猫のようで、オドオドして自信なさげだった。
「国政政党の代表といったって、一地方の首長に過ぎません。国会の勝手は分からないし、ましてや国対も知らない。だから当初、『国政の大きな方針や戦略は自分が出す』と大阪から遠隔操作するようなことを言っていたのに、15日は『議員団代表の松野さんに任せている』と修正していた。国政と地方行政の違いがやっと分かってきたんじゃないですか」(ある野党議員)
 次期衆院選の戦略でも軌道修正。一度ソデにした「みんなの党」に懺悔(ざんげ)し、選挙協力するため共通政策作りに着手することで合意した。全国300の小選挙区のほとんどに独自で候補者を立てる方針も、“大風呂敷”を広げただけで終わりそうだ。
維新の会では、全国のブロックごとに地方議員の担当者を決め、選挙をサポートすることを決めていますが、実際は非現実的です。橋下市長が全てを遊説で回れないし、費用もかかる。第三極との選挙協力でエリアを分け、小選挙区は近畿地方などに候補者を集中させて全勝を狙った方が、選挙後に維新の価値を高く売れる」(維新の地方議員)
 つまり維新の真の実力はこの程度。これまでの橋下はメディアが持ち上げ、作り上げた“虚像”だったのだ。政治評論家の森田実氏がこう言う。
橋下市長は『月の光』。大マスコミが『太陽の光』を差して初めて光っていたのです。飽きっぽいマスコミが持ち上げるのをやめた途端、勢いがなくなった。落ちぶれた昔のスターみたいなもんです。そのうえ、中央への色気を出したことで、大阪でも熱は冷めています。『アイツも大阪だけじゃつまんないから東京へ行くのか』と。『二兎を追うものは一兎をも得ず』の典型です」
 しょせんタレント市長。落ち目になれば気弱になるもんだ。
(日刊ゲンダイ2012年10月16日掲載)
************************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 橋下市長 マスコミ 国会議員 選挙目当 ガラクタ 維新 橋下徹 本性 正体

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。