スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大企業減税して庶民増税、社会保障切り下げ  規制緩和して格差を拡大  小泉自民党の構造改革、新自由主義路線と同じ 橋下日本維新の本性、正体

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-11-13/2012111302_04_1.html によると、
***********************
維新が政権指針策定へ 消費税5%では間に合わぬ 社会保障給付見直す 農業淘汰

2012年11月13日(火)

 「日本維新の会」代表の橋下徹大阪市長は12日、総選挙後に政権を獲得した場合の運営指針として同党の「維新八策」をもとに「骨太2013~16」を策定すると話しました。市役所内で記者団に語りました。

 社会保障や経済、エネルギー、外交安全保障などの各分野で「日本を賢く強くする」とのメッセージを貫くと称して、「企業減税」や「規制緩和」などを提示。「消費税5%(引き上げ)なんかでは社会保障財源はとても間に合わない」と述べ、社会保障では「保険料と給付水準を見直す論理」を示すと語りました。

 また、TPP(環太平洋連携協定)をめぐる野田佳彦首相の動きについて「別に選挙の争点にしなくても政府が交渉参加を表明すればいいだけ」と述べ、破壊的な影響が懸念される農業については「淘汰(とうた)を前面に出す」などと語りました。

 「骨太の方針」を掲げた小泉政権との関係については「意識していないが、競争政策とか同じような考えの人が集まっているから同じようなスタイルになる」と述べました。
***********************
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 大企業減税 庶民増税 社会保障切り下げ 規制緩和 格差を拡大 構造改革 新自由主義路線 橋下徹日本維新 本性

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。