スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピエロになり下がった 石原慎太郎前東京都知事 不毛の選挙互助会 新党

http://news.livedoor.com/article/detail/7132051/
*********************
もはや見苦しい道化師 こんな年寄りにはなりたくない

ゲンダイネット
2012年11月12日10時00分

 石原慎太郎前都知事(80)が8日、みんなの党の渡辺喜美代表(60)と会談した。石原新党に好意的な新聞テレビは、両者対等の前向きムードで伝えているが、実態は大違い。よわい80の老人が20歳も年下の喜美の元に“押しかけ”て、連携を“懇願”したというのが真相だ。
 これまで国会議員だろうが誰だろうが、都庁に呼びつけてエラソーにしていた石原が、8日衆院議員会館の渡辺の事務所に自ら出向いたのだ。その姿を撮ろうと、事務所内には大勢のカメラマンが待ち構えていたが、石原はそれを見るなり、「俺たちの時間と俺たちの場所だ。うるせーな。出て行け」と不機嫌な表情を見せたという。
「自分より格下の若い国会議員に頭を下げる姿を撮られるのがよほどイヤだったんでしょう。そのうえ、きのうは週刊新潮が報じた『隠し子』のことにも神経質になっていた。事前に新潮社の社長に『よろしく頼むよ』と電話を入れたそうです」(永田町事情通)
 石原が必死なのは、身内の「たちあがれ」議員の考えがバラバラで、「維新」や「みんな」との政策一致などまるでムリだからだ。平沼赳夫代表はテレビで「自民党との連携もあり得る」という趣旨の発言をした。自民党内からは「平沼さんたちは自民党に復党した方がいい」という声すら上がっている。
「第三極の連携はいまや『踏み絵』合戦になっている。こういう時はジッと待ち続けられる人が一番強い。石原さんはシナリオのないまま知事を辞め、国政に飛び出したんじゃないか」(政治ジャーナリスト・鈴木哲夫氏)
 何の準備も戦略もなしに都政をブン投げ、右往左往するサマはみっともない。もはや石原はピエロだ。最後はひとり取り残されることになるんじゃないか。
************************
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : ピエロ 道化師 石原慎太郎 東京都知事

「市長風情(維新橋下徹)に持ち上げられ、(石原慎太郎元東京都知事は)まな板で料理されるだけだろう」 辛辣、真実 亀井静香氏の箴言 橋下徹の本性 正体

http://www.asahi.com/politics/update/1103/TKY201211030317.html によると、
***************
「暴走老人、へたり込むだけ」 亀井氏、石原氏を皮肉る

 【今野忍】「『暴走老人』と言うけど、暴走もしていない。今のまま行ってもへたり込むだけだ」。かつて石原新党構想を唱えた亀井静香衆院議員は3日、東京都内で記者団にこう語り、新党を近く立ち上げる石原慎太郎東京都知事を皮肉った。

 亀井氏は、石原氏には近いが、新党には不参加。その石原氏が日本維新の会代表の橋下徹大阪市長との連携を探っていることについても「当面の政治課題を棚上げして、統治機構(改革)がどうだというのは逆立ちだ」とし、「市長風情に持ち上げられ、まな板料理されるだけだろう」と語った。

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 維新 橋下徹 石原慎太郎 東京都知事 まな板 料理 本性 正体

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。