スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泥舟自公民既成政権党から逃げ出し 大阪維新に合流  より悪る政治を目指す鼠ども 橋下徹 本性 正体

http://news.livedoor.com/article/detail/6932220/ によると、
**********************
livedoor > ニュース > 政治 >
維新、公明候補を支援 全国9区 近畿6区は推薦も

2012年09月08日08時02分
提供:産経新聞

 「大阪維新の会」代表の橋下徹大阪市長は7日夜、公明党の白浜一良副代表と同市内で会談し、公明党が次期衆院選で擁立する小選挙区候補者を大阪維新が支援する方針を伝えた。公明党は、大阪、兵庫の近畿6選挙区のほか北海道10区、東京12区、神奈川6区で候補者を擁立する。

 大阪維新の会幹部は近畿6小選挙区の公明党候補については要請があれば、維新の推薦を出す考えがあることを明らかにした。

 会談には同会幹事長の松井一郎大阪府知事も同席した。白浜氏の支援要請に松井氏は「無理に候補者を立てる必要はない」などと述べた。これに対し、公明党大阪維新が推進する「大阪都」構想の実現に協力していくことを伝えた。

 また、民主党の松野頼久元官房副長官らの「道州制型統治機構研究会」は7日、大阪維新が9日に開催する公開討論会に7国会議員が参加することを決めた。参加するのは、松野氏のほか民主党の石関貴史衆院議員、水戸将史参院議員、自民党の松浪健太衆院議員、みんなの党の小熊慎司、上野宏史、桜内文城の3参院議員。松田直久・前津市長も参加する。

 大阪維新は、8日に大阪市内で全体会議を開き、国政進出に向けた新党の発足を正式に決定する。9日の公開討論会を経て、12日のパーティーで新党結成を宣言する方針だ。

 大阪維新の会幹部は新党の総務省への届け出前に党首選を実施する方針を表明した。
************************
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 自公民 既成政党 大阪維新 橋下徹 本性 正体 自民党 民主党 公明党

プライベートの片手間で出来るんか、政治って 大阪維新橋下徹 正体 本性

http://plaza.rakuten.co.jp/tsuredure2005/diary/?ctgy=7 によると、
***********************
プライベート片手間で出来るんか、政治って・・・ (2)

 地域政党「大阪維新の会」が近く立ち上げる国政新党の党首に就任する橋下徹大阪市長は6日、定例記者会見で、首長と政党党首の兼任に関して負担を懸念する指摘があることについて「僕にもプライベートな時間がある。その時間を割いて、国政の話をやればいい」と述べ、大阪市政に影響を与えずに、党首の仕事をクリアできるとの見解を示した。
 橋下氏は「本当にできるのかと言われれば、誰もやったことがないことなので、やっていくとしか言いようがない」と力説。「大阪市民には、今の仕事が不十分かどうかを見てもらいたい」と述べ、兼任への自信をのぞかせた。【産経新聞ネット版から引用】

 大阪市長って暇な仕事なんですね。いや、政党の党首の方が暇なのか。もっというと、プライベート片手間でできるくらい国政は暇なのか。
 プライベートって、橋下自身は子どもも多いんだし家庭を大切にしないと敷居が高いんじゃないの? 変態コスプレでタダでさえ敷居が高いのにさ・・・。

 それにしても、府知事時代も大した成果を上げていないし、現在の市長でもそうだけど結局は公務員叩きしただけで、生活保護や同和問題には一切手をつけず、自分の変態コスプレがでてきたら何だかうやむやにしてなんやねんこいつは。

 それに、党首にはならないことを最初は言っていたはずなのに、なんでいつの間にか党首になろうとしとんねん。政党の党首になんかになって、「大阪市政に影響を与えない」ってそんなわけないやろ。どうせ、どっぷりと国政に浸かってしまってほどなく府知事やめた時と同じく辞めるつもりやろうけどね。結局は知事も市長も国政へ出るための踏み台というわけでしょ。
 まぁ、詐欺師が市長やっているようなものだから別に不思議じゃないけど、大阪市民も舐められたものですね。

 ところで、その維新の会の目玉って言われているのが、宮崎県知事を放り出した東国原と、Y150で横浜市をさらに借金まみれにした中田、ブレーンにはコイズミ改革で日本を凹ませた張本人の竹中平蔵、って、ろくなヤツがいないみたいだけど。しかも、どっかの大学の先生が橋下を総理大臣に、だなんてなんの冗談やねん!

 マスゴミも先の政権詐取の選挙前夜のように、維新の会に注目して取り上げているようで、何も知らない有権者は何かやってくれそうなんて思っているかもしれないけど、このブログでも何度も触れていますが、もっとしっかりと見てくださいよ。これ以上ろくでもない奴らに国政を任せるなんて、まっぴらですわ~

 かといって、託せられる政治家がいないのは事実ですけど、こいつらは結局民主党と同じ流れですよ。
********************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : プライベート 片手間 政治 大阪維新 橋下徹 正体 本性

大阪維新橋下徹は維新新党の党首になるというが、これだけ政治を批判し煽りにあおっておきながら、自らが総選挙に出馬しないとはどういうことか? その本性 正体

http://thenagatachou.blog.so-net.ne.jp/2012-09-04 によると、
*************************
◎始まった“維新叩き”の焦点は「橋下不出馬」

 横浜の地下鉄で大学生らしい青年の政治談義を聞くともなく聞いていたが面白くて、真剣に聞いた。「民度が大阪並みとは思われたくない」「中田は横浜の街を歩けないから維新に行くんだ」という話しに及んで、思わず笑いたくなった。それはそうだろう。「知性と粋(いき)が売り」の浜っ子にしてみれば、“ハシズム”丸出しのテレビタレントみたいな橋下徹の維新の会などに投票したくないのは当然だ。維新に大接近している前横浜市長・中田広は確かに市財政に借金だけ残して任期途中で市長職を投げ出した。意外と維新ブームと言っても大阪周辺だけに絞られ、上滑りするかも知れない。それよりも自民党は元首相・安倍晋三の目指す維新との連携だけでは、ねじれは解消できないという重要なポイントを忘れてはなるまい。
 折から政界でも選挙が近づいて橋下批判がせきを切ったように広がり始めた。自民党総裁選も絡んだ路線論争へと発展しそうな空気だ。政界は今まではあまりの橋下人気に障らぬ神にたたりなしを極め込んでいた。海の物とも山の物ともつかない不気味さを感じていたのだろう。しかし、選挙近しとなれば背に腹は代えられない。本音を出さざるを得ないのが実情だ。民主、自民双方から批判の声だ。橋下も「雉(きじ)も鳴かずば撃たれまいに」で、その発言を真剣に聞けば聞くほど「偽物」の感じが濃厚になってきたのだ。囃すのは1番「民度」が低い民放テレビの政治ショーばかりだ。維新の会の公約も維新八策などと仰々しくタイトルをつけたが、さっぱり訴えるものがない。首相公選制、参院廃止などはまさに机上の空論だ。何も目玉がないと思ったか橋下が思いつきで衆院議員の定数の半減を入れた。
 ところがこの「定数半減」が橋下叩きのきっかけになった。まず自民党幹事長・石原伸晃が「バナナのたたき売りではない」と、批判の先頭を切った。大衆迎合の神髄みたいな削減策である。これも「民度」最低のテレビのコメンテーターだけが囃しているが、常識ある国民は皆首をかしげるのだ。次に総裁選立候補の前政調会長・石破茂が著書で叩いた。「国難―政治に幻想はいらない」の中で「幻想を振りまく政治とは決別すべきだ」と切って捨てたのだ。民主党政調会長・前原誠司も「橋下市長の人気に乗じて、政治経験のないような人がいっぱい出てきて、国会で議席をとったら、この国の政治はどうなるのか」と訴えた。大阪府知事・松井一郎が懸命に反論しているが、テレビメディアでは後の祭りとなる。反論すれば最初の指摘を繰り返し報道せざるを得ない。露出度において勝ることになる。このようにテレビが使わざるを得ない批判を絶えず露出させることが何よりも必要な状況となってきているのだ。
 確かに石破が指摘するように橋下は重要国政課題で幻想を振りまき続けている。原発再稼働で倒閣宣言を出したかと思うと、実態がようやく分かったののか、再稼働を容認。消費増税絶対反対を唱えていたかと思うと、消費税推進での民・自・公3党合意を賞賛。重要ポイントで180度の転換である。これは自らがタレント弁護士として、テレビで「うける」発言を繰り返していた“本性”の露呈である。テレビではタレントはキャッチフレーズで生きている。視聴者の関心を一瞬でもいいから引くか引かないかの勝負の場なのだ。どんなテーマでもそれに乗って、一言「洒落たこと」を言えるかどうかで「なんぼ」の世界なのだ。それを国政の場に持ち込もうとしているのが橋下なであるが、さすがに大阪市民はだませても、国政の場はだませない。国政では言葉は重いのだ。
 それに、橋下は維新新党の党首になるというが、これだけ政治を批判し煽りにあおっておきながら、自らが総選挙に出馬しないとはどういうことか。責任ある政治家なら当然維新の会の先頭に立つべきなのになぜ立たないのか。立つに立てない弱みでもあるのか。コスプレ不倫を上回る問題でもあるのかと疑いたくなるのである。朝日新聞も4日付の社説で「国政は片手間で出来るような仕事とは思えない。説明して欲しい」などと手厳しく批判し始めた。
 こうした橋下に大接近した元首相・安倍晋三も総裁選に手を挙げたのをきっかけに一緒に批判の対象となっている。元官房長官・野中広務は2日のテレビで「あまりに安倍君はみっともない。どこか狂っているのではないか。1度でも総理をやった人間が、何だか訳の分からん人間と人気があるからと言って連携するのは重大な問題を引き起こしかねない」と口を極めて批判している。安倍にとって総裁選には相当のダメージだろう。というのも維新と組むか、民・自・公路線を進めるかは総裁選での大きな論点となる気配だからだ。
 総選挙の分析は今のところ自民倍増の流れはあるものの、公明と組んでも過半数に達さないとの見方が強い。その場合、民・自・公3党合意における「国民会議」構想を軸として協力体制構築の必要が出てくるのだ。副総理・岡田克也は「場合によっては総選挙前にも話しを進める必要がある」と述べている。重要ポイントは自民党が維新と組んでも実は意味がないのだ。民主党と組まなければ参院での過半数割れのねじれは解消できず、総選挙を経てもまたまた不毛の対立で何も出来ない政治が“復元”するだけなのだ。したがって路線論争はする前から安倍の負けであり、民・自・公路線を基調とすることが正しいのだ。政治の最重要ポイントは、総選挙後に参院のねじれ解消が出来るかどうかにあるからだ。
***********************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 大阪維新 橋下徹 総選挙 本性 正体 コスプレ 不倫

期待はずれ マニフェスト「維新八策」の最終案 批判的な意見の方が多い 「よく読むとかなり怖い維新八策」、「新自由主義のオンパレード」、「格差を改善すると『政権交代』を叫んだ民主党に騙された人々が、今度は維新の会に騙される」・・・ 大阪維新橋下徹の正体 本性

http://blogos.com/article/46073/ によると、
**********************
橋下維新八策と永田町・政治部独善の崩壊

団藤保晴
2012年09月02日 15:10

 橋下徹大阪市長率いる大阪維新の会が国政進出で打ち出すマニフェスト維新八策」の最終案が公表されました。この全文がネットで読める場所が日経新聞電子版にしかない点が、既に示唆的です。自民党を霞ませてしまう、この最終案は橋下ファンから待望されていたはずと考えていましたが、ツイッターでは批判的な意見が多いと見ました。しかし、より衝撃的だったのは橋下氏が相変わらず大阪市長のままでいて、東京には出ないと宣言した事実です。永田町の政治家とマスメディア政治部は東京中心=永田町完結政治へ回帰を待望していたのに、それは当分無くなりました。

 みんなの党の渡辺代表と会談した後、マスコミが観測記事を流していた橋下氏の国政進出はあっさり否定されました。橋下氏のツイート(8月29日)にこうあります。《渡辺さんとの会談で、僕が「国政に出る」、「市長を辞職するときのセリフももう考えた」と言い、ナンバー2にあろうことか中川議員を置き、しかも松井知事も国政に出て、大阪でまたダブル選をやると言ったのこと。ここまでの嘘は週刊誌でもあり得ない》

 ツイッターの動向が見られる「buzztter」で「維新八策」を検索すると、最終案発表後のツイートピークは44件と平凡な数字ながら、だらだらと関連発言が続いています。「駄目な自民党と民主党に代わる政党になって、世直しをして欲しい」との応援組に対して、「よく読むとかなり怖い維新八策」「新自由主義のオンパレード」「格差を改善すると『政権交代』を叫んだ民主党に騙された人々が、今度は維新の会に騙される」など批判的なツイートの方が多い印象です。

 ブログを検索しても同じ傾向です。「常夏島日記」の「橋下氏の維新八策に日銀改革が含まれない理由」は「橋下氏は、中曽根康弘―橋本龍太郎―小泉純一郎とつながる『戦後政治の総決算』路線の嫡子として認められつつあるということであり、その路線を担った人間集団の中核的な人材の少なくとも一部が橋下氏のブレーンとして参画しているのでしょう」と断じます。有名ブロガーでは「2015年の春ごろに日本消沈」(極東ブログ)が「最終案の全文が出たので読んでみたのだが、正直、皆目意味がわからなかった」「新味はなく、政権交代時の民主党のような威勢の良さだけで押すなら、現在の民主党のように躓き、政治の第三極とはならないだろう」と指摘します。ただ、それでも相当数のサイレントマジョリティは維新に付いていくと見るべきです。

 まだ国会議員5人の政党要件を満たしていない「党」のマニフェストと議員集めが全国紙各紙で大きく報じられ、日経がその全文を読めるようにするとは異例すぎます。民主党による政権交代を旧態依然「政治とカネ」追及スタイルでつつき壊し、得るべき果実は何も残せなかったメディア政治部。その結果出来る総選挙での「真空地帯」に維新が進出します。連立政権の一角に納まる可能性があるからこその過剰報道ですが、民主党と決定的に違うのは、橋下氏を永田町の政治家と政治部が囲い込めていない点です。維新八策の中身よりも、それをテコにした議員選別よりも不安にさせている要因は「東京の常識」が通じないギャップでしょう。東京都の石原知事がいかに乱暴な発言をしても永田町の飛び地での「乱」に過ぎませんが、橋下政治手法への土地勘は狂いっぱなしです。
*************************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : マニフェスト 維新八策 新自由主義 格差 大阪維新 橋下徹 正体 本性 コスプレ 不倫

大阪維新橋下徹  日米関係も、日韓、日中関係も正しい関係を築けない 財界、大メディアのミスキャスト、失態

http://www.amakiblog.com/archives/2012/09/03/#002368 によると、
**********************
2012年09月03日
橋下大阪市長では日本の首相はつとまらない

 政局は次の首相選びで一色だ。

 自民党総裁選候補が乱立し、民主党党首選候補も細野などが浮上
してきたらしい。

 そこへきて橋下大阪市長が再びメディアの注目をあびるように
なった。

 果たしてどのような政権が日本の政治を動かし、どのような人物が
日本の首相になるのだろうか。

 しかし今名乗りをあげようとしている政治家の誰がなってもうまく
行かないだろう。

 彼らでは日米関係も、日韓日中関係も正しい関係を築けない。

 そのなかでも特に橋下大阪市長では日本の首相はつとまらない。

 なぜか。

 その理由はいくつかある。

 その中でも慰安婦問題についての彼の対応は致命的だ。

 慰安婦は日本ではCOMFORT WOMENと訳しているが、世界では
AEXUAL SLAVERY(性奴隷)だ。

 クリントン米国務長官はそう言って非難している。

 安倍晋三もそうだが、慰安婦問題を否定する橋下を米国は認めない。

 米国が認めないものは日本の首相はつとまらない・・・
************************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 大阪維新 橋下徹 日米関係 日韓 日中 財界 大メディ

橋下徹大阪維新のかげに 霊感商法 統一教会 安部晋三元自民党総理も統一教会と 維新の本性 正体

http://news.livedoor.com/article/detail/6911318/ によると、
************************
livedoor > ニュース > 政治 >
大阪維新の会」内部から突き上げを喰らった 橋下市長の統一教会問題

2012年09月01日18時00分
提供:週刊実話

 尖閣、竹島の領土問題で世論が先鋭化する中、これになぜか“スルー”を決め込んでいるのが、橋下徹大阪市長だ。
 「外交、防衛は国の専権事項」としている橋下氏にしてみれば、当然のことかもしれないが、『大阪維新の会』が松浪健太氏をはじめとする現職国会議員に接触し“国政進出”を目指すからには、ぜひとも考えを伺いたいところ。しかし、そのダンマリには、橋下市長と維新の内部事情が影響しているという。
 「橋下さんと維新の会の背後には、統一教会の存在がある。その対応をめぐって内部対立があり、橋下さんの口をつぐませているようなのです」(自民党関係者)

 『統一教会』と維新の関係は、これまで幾度か噂が流れているが、先頃もそれを象徴する出来事があった。
 「'07年の高槻市長選挙で統一教会との関係が取り沙汰された、経営コンサルタント・吉田康人氏の住吉区長の起用です。吉田氏は高槻市長選の際に統一教会会員ではないことを明らかにし“会員説”を誹謗・中傷と主張していた。しかし一方では教会の行事に参加し、選挙の際にも会員の協力を受けていたことを認めている。信者ではないにせよ、深い関係があることは明らかでした」(全国紙記者)

 実は、吉田住吉区長と維新の関係は8年前にまでさかのぼる。
 「野球評論家の江本孟紀氏が大阪府知事選挙に出馬した際、その陣営の中心にいたのが、松井一郎大阪府知事、維新の会政調会長の浅田均氏、そして吉田氏です。今回の吉田氏の住吉区長起用の背景には、当時の人間関係があるとみていいでしょう」(同)

 維新の背後には、統一協会以外にも民族主義、超保守主義団体の存在が口々に上っている。
 「民族主義者、維新の関係者、加えて昨年の統一地方選挙で問題になった“ニセ維新”の連中らが連携し、橋下市長に今回の外交問題で発言するよう迫っているようなのです」(同)

 さらには、このような動きに松井府知事を中心としたグループも、何らかの形で関わっているという話もある。
 「国政を強く意識する橋下市長にしてみれば、今に至っては過激な“右”はなるべく排除したい。これに対し松井さんたちは、基本的に“誰でも歓迎”。また、昨年の統一地方選挙で生まれた大量の“橋下チルドレン”は、統一教会カラーの排除を求めて橋下さんを突き上げている。今は単なる見解の相違で済んでいますが、状況によっては本格的な対立に発展する可能性もあります」(同)

 一枚岩とみられたその裏から浮かび上がった、維新内部のアキレス腱。綻びは修復できるか。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
************************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 橋下徹 大阪維新 霊感商法 統一教会 安部晋三 元自民党総理 維新 本性 正体

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。