スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「未来」はバラバラ支離滅裂に 結局は選挙目当てで国民不在の「選挙互助会」 生活第一とは聞いてあきれる

http://news.livedoor.com/article/detail/7269732/ によると、
*********************
野党、足並みバラバラ 未来分裂、亀井氏離党へ 維新、新政権側に接近か

産経新聞2012年12月27日08時02分

 安倍晋三首相に対し、野党各党の足並みはそろっていない。衆院選で惨敗した民主党は26日、海江田万里代表の新体制が固まったばかり。「第三極」では日本維新の会が政権に協力する可能性を示唆する一方で、日本未来の党は旧「国民の生活が第一」の小沢一郎代表の処遇をめぐって対立が激化、亀井静香元金融担当相が離党を表明するなど分裂が決定的となった。衆院で圧倒的多数を占める自民、公明両党も参院では過半数に届かない中で、野党各党は独自の動きを強めることになりそうだ。(大谷次郎)
 「この数日の文化の違いをみていると、修復は難しい。成田離婚…」
 未来の阿部知子氏は26日、小沢氏との決別を宣言した。未来では嘉田由紀子代表(滋賀県知事)が阿部氏を共同代表とする人事案を示したことに小沢氏に近い議員が反発。これに対し嘉田氏は26日夜の記者会見で「小沢氏のグループと平和的に分党できる方向を探っている」と年内に分党する考えを表明した。未来は所属国会議員17人のうち15人が旧生活出身。亀井氏も「いまの党の状況では日本を立て直し、未来をつくっていく状況はつくれない」と離党方針を示したため、分党すれば所属国会議員は阿部氏のみとなる見込み。
 嘉田氏も同日、滋賀県議会から「県益を損ねる」として、知事と党代表の兼務解消を求める決議を賛成多数で可決された。
 民主党では海江田氏が新役員人事を固めた。野党時代に設置していた「次の内閣」を復活させる方針で、政権奪還の足掛かりとしたい考えだ。ただ、海江田氏は衆院本会議後「改めて本会議場の議席に座ってみると、少ないなと実感した…」とぽつり。記者団から安倍政権への対峙(たいじ)姿勢を問われると「まず私たちの考えをぶつけていきたい。それをみながら決めていく」と述べるにとどめた。
 大敗ショックの抜けない民主党をよそに、みんなの党の渡辺喜美代表は新政権に厳しい姿勢を示しながらも、あいさつに訪れた安倍氏と握手をし「自民党とみんなの党で共同提案している法案があるが、閣法で出してほしい。全面的に協力する」と水を向けた。
 日本維新の会の松井一郎幹事長(大阪府知事)は渡辺氏以上に踏み込んだ発言をした。府庁で記者団にこう述べたのだった。
 「自民党の中心的な人とは電話で連絡させてもらっている」
**********************
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 未来 バラバラ 支離滅裂 国民不在 選挙互助会 生活第一

民主溶解! 泥舟民主からの脱出者 後を絶たない 既に9人(16日午前) 国民不在 無責任 所詮は選挙互助会の末路か 国民の眼は鋭い

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20121116/plt1211161143003-n1.htm  によると、
***********************
民主溶解! 福田衣里子氏ら離党者ゾクゾク… 首相慰留せず刺客も検討

2012.11.16

 野田佳彦首相が「自爆解散」を宣言してから、民主党では離党の動きが相次いでいる。与党は事実上、衆院で過半数を割り込み、12月の衆院選を前に早くも「民主溶解」の様相だ。

 民主党の初鹿明博衆院議員は16日午前、党執行部に離党届を提出した。「小沢ガールズ」として注目された福田衣里子衆院議員も同日午後、記者会見で離党を表明する。みどりの風に入党する方向だ。

 山田正彦元農水相や「日本維新の会」に合流する小沢鋭仁元環境相、長尾敬、橋本勉両衆院議員を合わせ、離党届を提出、または離党意志を固めた議員は9人になる(16日午前時点)。

 このほか、鳩山由紀夫元首相ら、離党を検討している議員は複数いる。

 これに対し、野田首相は「離党したいヤツは出ていけばいい」「党再生への生みの苦しみだ」と周囲に話しているとされ、慰留する気はない。

 民主党幹部も「離党者は選挙が弱いから逃げていくだけだ。あんな不義理極まりない人間は、有権者にも見透かされるだろうし、彼らを拾う第3極の評判も落ちる。むしろ、『残った人間には覚悟がある』と相対的に評価が上がり助かるくらいだ」と話している。
***********************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主溶解 泥舟 民主 国民不在 選挙互助会

国民不在 党利党略 私利私欲 四分五裂の選挙互助会、「第三極」 今国民が求めているのは自公民に対する「対極」だ 橋下徹の本性 正体

http://news.livedoor.com/article/detail/7144744/ によると、
**********************
第3極早くも内ゲバ! 橋下氏、石原氏を批判 減税日本との合流に不快感

ZAKZAK(夕刊フジ)
2012年11月15日17時12分

 野田佳彦首相が「年内解散」を宣言したことで、大同団結を目指す第3極の政党には、準備不足による焦りが広がっている。石原慎太郎前東京都知事率いる「太陽の党(太陽)」は15日、河村たかし名古屋市長の「減税日本」と合流するが、「日本維新の会(維新)」代表である大阪市の橋下徹市長は強い不快感を示した。一方、「国民の生活が第一(生活)」の小沢一郎代表は埋没・孤立気味で、極めて苦しい立場にある。
 「戸惑っている。石原さんのマネジメントは正直疑問だ」
 橋下氏は15日、太陽と減税日本との合流についてこう語り、石原氏の政治判断に異議を唱え、両党との合流は困難との認識を強調した。市役所で記者団に答えた。第3極を牽引する橋下氏の発言は要注目だ。
 石原氏とともに太陽を率いる平沼赳夫共同代表も14日、「もう少し時間がほしい。協議を短時間でまとめられるか疑念がある」と、大同団結に向けた苦しい胸の内を明かしている。
 橋下氏は記者団に「(間に合うかどうか)分からない。最後まで諦めずに協議したい」「石原氏とは一緒にやりたいと思っている。合流でない形で共闘できるかどうか探っていく」と話し、「みんなの党」の渡辺喜美代表も「ちょっと時間が足りないのが現実だ」と焦りをにじませた。
 次期衆院選の候補者については、太陽が数十人、維新が241人以上、みんなの党が100人の擁立を目指したうえで、競合しないように選挙区調整することを模索している。
 しかし、選挙戦で争点になりそうな「消費税」「原発」「TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)」をめぐる各党間の隔たりは埋まっておらず、候補者調整も進んでいない。時間切れに終わる可能性もある。
 そもそも、野田首相が「年内解散」を強行したのも、第3極の準備不足を狙ってのことだった。
 一方、中小政党の大同団結の形として「オリーブの木」構想を掲げてきた小沢氏は苦しい。民主党離党者からなる「新党きづな」が近く生活に合流するが、石原氏は「小沢とは組まない」と明言し、橋下氏以外の維新幹部も「小沢嫌い」が多く、いまのところ連携が広がる気配はない。
 しかも、14日の党首討論は「16日解散」で盛り上がり、久々に表舞台に登場した小沢氏は存在感を示せなかった。「何かかわいそうだったね。自民、公明のつなぎみたいだった」(閣僚の1人)と同情されたほどだ。
 急発進を余儀なくさせられた第3極は、どんな形で、国民の審判を仰ぐのか。
*********************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 国民不在 党利党略 私利私欲 四分五裂 選挙互助会 第三極 対極 橋下徹 本性 正体

国民不在 党利党略の 野田民主党死体内閣 四分五裂 史上最低内閣・与党

http://news.livedoor.com/article/detail/7129405/ によると、
**********************
野田首相“TPP解散”なら民主30人集団離党も! 輿石幹事長は断固阻止

ZAKZAK(夕刊フジ)
2012年11月10日17時12分

 野田佳彦首相が、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の交渉参加を表明したうえで、「年内解散」に踏み切る方向で調整に入ったことを受け、民主党内が激震している。党内にはTPP反対派も多く、輿石東幹事長は「そんなことで解散はさせない」「今解散したら、50、60人しか残らない」と断固阻止する構え。一部では「離党予備軍は30人はいる」という情報まで広まっている。
 「驚きましたね。びっくりした」
 9日、官邸で開かれた民主党の参院各委員長との昼食会。同日の読売新聞朝刊が1面トップで「首相、TPP参加で年内解散」と報じたことが話題に上り、野田首相はこうけむに巻いた。
 出席者からは「党を割るようなことをしてはいけない」と、慎重対応を求める声も出たというが、野田首相が次期衆院選の切り札に「TPP参加」を考えているのは間違いない。
 もともと、野田首相はTPPに前向きだったうえ、宿敵・自民党は慎重姿勢のため対立軸になる。第3極結集を急ぐ大阪市の橋下徹市長率いる「日本維新の会」と、石原慎太郎前東京都知事が立ち上げる石原新党では意見が割れており、クサビを打ち込めるからだ。
 すでに、衆院選マニフェスト(政権公約)にTPPをどう盛り込むか、党内に検討を指示しており、「野田首相は(敵の目を欺いて吉良邸討ち入りを成功させた)大石内蔵助を演じている」という側近談を報じるメディアもある。
 これに対し、民主党内のTPP反対派は動き始めた。
 「TPPを慎重に考える会」会長の山田正彦元農水相は「一部経済界や米国の言いなりになっては選挙ができない」と反発。9日、国会内で輿石氏と会い、改めてTPP反対を申し入れた。メンバーからは「交渉参加を表明するなら、野田首相に即時退陣を迫るべきだ」との声も噴き出した。
 同会には「国民の生活が第一」を立ち上げた小沢一郎代表に近い議員も多く、「離党予備軍は30人はいる。野田首相がTPP参加を表明すれば、離党者は10人以上出る」と息巻く議員もいる。
 輿石氏は、山田氏との会談で「そんなこと(=TPP)で解散はさせない」と明言。衆院であと6人が離党すると与党過半数割れになるため、離党者を出さずに、年明け以降に解散を先送りするのが持論だ。
 仮に、野田首相がTPP交渉参加を争点に、年内解散に踏み切ろうとした場合、「輿石氏が最大の関門となる」(首相周辺)との見方が根強い。
 野田首相と輿石氏の、最終戦争が勃発するのか。
*************************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 国民不在 党利党略 野田 死体内閣 民主党 TPP

国民不在 選挙互助会 政治の私物化 橋下徹維新 石原新党野合の矛盾 その本性 正体

http://news.livedoor.com/article/detail/7092165/ によると、
*********************
維新・橋下市長と国会議員団の間にすきま風が吹いている

週プレNEWS2012年10月30日10時00分

石原慎太郎東京都知事が旗揚げする新党と、橋下徹大阪市長の「日本維新の会」が連携する可能性が高まっている。近く、橋下市長は石原都知事と連携を視野に入れた協議をする予定だという。
橋下・維新はみんなの党とも政策協議を進めており、いよいよ「第3極」の大連合が実現する……かと思いきや、実際には橋下・維新の会内部で、迷走めいた動きが強まっている。所属する9人の国会議員団の不満が、日増しに大きくなっているのだ。
「橋下市長も国会議員も否定しますが、国会での活動方針をめぐって双方の間に主導権争いがくすぶっています。国会議員団にすれば、国政経験のない橋下市長や松井府知事にあれこれと指図されたくない。国会のことは国会議員団に任せてほしいという思いが強い。自民党を脱党して維新入りした松浪健太衆院議員が、自己のブログに『橋下独裁にはしない』と書いたのはそのワンシーンにすぎません」(全国紙政治部記者)
しかもここにきて、さらに両者のわだかまりを大きくさせかねない事態が起こっている。政治部記者が続ける。
「10月16日に橋下市長が突然、みんなの党から維新に合流した3人の参院議員の議席を返上すると表明したのです。この表明にあたり、橋下市長が3人の参院議員に相談した形跡はありません。議席を返上すれば、3人は“ただの人”になってしまう。3人は公式に議員辞職の意向を示していないだけに、深刻なトラブルになるかもしれません」
そこには次のような背景がある。政党が単独で法案を提出するには、参議院では発議者1名、賛同者10名の計11人以上の議員が必要となる。みんなの党の参院議員数は11人いたので、ぎりぎり単独で参院に法案を提出することが可能だった。
「ところが、3人が維新に合流したため法案提出ができなくなってしまった。これはみんなの党にとって痛手です。ただ、3人はいずれも比例当選組だったんです。そこで渡辺代表は『維新に行くなら、議員を辞職してから行くべき』と、3人の会派離脱をがんとして認めなかったのです。辞職ならば、比例名簿から次点候補が繰り上げ当選となり、みんなの党の参院議席数は11のまま維持できますから」(政治部記者)
一方の維新側は「3人の参院議員には自由な政治活動も保障されている」として、みんなの党に速やかな会派離脱を求め、渡辺代表と反目していた。
「なのに再連携に向けた話し合いをするなかで、橋下市長は交渉をスムーズに進めようと考えたのか、突然、3人の議席を返上すると口にしてしまったのです。いくら衆院選にくら替え出馬すれば自動的に失職になるとしても、3人に事前説明もないまま切り出すなんてさすがに強引すぎます。議員の地位に関わるデリケートな問題だけに、3人の参院議員の心中は穏やかではないでしょう」(政治部記者)
これまで強引とも思える橋下市長の言動は、リーダーシップと自信の表れと理解されてきた。しかし、3人の議席返上問題で発揮した今回の強引さは、自信のなさ、焦りの裏返しのように見えてしまう。
橋下市長と国会議員団の間に生じたすきま風。今後、この風の勢いがどんどん強まっていかなければいいのだが……。
************************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 国民不在 選挙互助会 橋下徹 維新 石原新党 野合 本性 正体

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。