スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民も舐められたものだ 原発放射能殺人に次いで 今度は消費税増税で 国民はもう絶命、全滅

http://good-hiro1.cocolog-nifty.com/blog/ によると、
*********************
2012年8月 9日 (木)
クサレ与党にクサレ野党 消費増税法案成立へ

与党返り咲きを狙い、権力を掌中にしたい筈の自民党が首相問責・内閣不信任案を出すであろう、と私は予測していましたが、見事に外れてしまいました。取り敢えず消費増税は動かしがたい、つーことか。
国民を塗炭の苦しみに陥れる悪法を、テメエらの権力欲と保身だけ。
談合の果ての党利党略、個利個略。時代劇なら「天に変わって成敗してくれる」と、言いたいところです。しかし、いつから民自公は連立組んでんだよ?カス。

---------------
ロイター(通信)
野田佳彦首相と谷垣禎一自民党総裁、山口那津男公明党代表は8日夜、3党党首会談を行い、消費増税を含む一体改革法案の早期成立を図ること、成立後近いうちに国民に信を問うこと、の2点で合意した。これを受けて、自民党は内閣不信任案と問責決議案の提出を見送る。
---------------

中小野党が提出している不信任案と問責決議案も否決し、参議院での一体改革関連法案採決の環境を整えることとなる。


どんなことをしてでも消費税増税を成立させよ、という財界・マスゴミ上げて自民党にプレッシャーをかけたのでしょうか。
まあ、なにしろ、今の総裁がヘタレのチャリガキさんですから、それらの圧力に抗うことを躊躇してしまったのかもしれません。

初めは、「近い将来に」解散する、という民主党の返事に対して、「舐めとったらあかんで、どついたろか」と大阪的怒りをあらわに。では、民主党が「近いうちに」解散いたします。と言い直したところ、あら不思議。
「ま、まあ、今日はこれくらいにしとったるわ」とチャリガキさんが一転、不信任案を提出しません、という吉本新喜劇風になったみたいです。

「近いうち」なら良くて、「近い将来」は許せんというのは、受け取る方の感じ方でしかないような気がいたします。「まあ、そのうちに」、というのは断り文句だと、いうのが世間一般の通り相場だと思っていたんですが、「近いうちに」は「近いうち」だ、というのはトコトン能天気ではないでしょうか。
何しろ相手はペテン師民主党ですぜ。「気をつけなはれやぁ」、と京都弁で言ってもチャリガキは聞く耳を持たないのでしょうかね。

ま、端的に近い将来という言われ方は、どこか人をおちょくっているような気がせんでもないのですがね。タニガキさんは以前の「加藤の乱」でも、アンタが大将なんだから、とかナントカ言って、腰砕けの原因を作ったような記憶がありますけれど。ツイートしたけれどやはり「キング・オブ・ヘタレ」という印象です。

オラオラ、不信任だぜと、解散に持ち込めば自民党には三党合意破りの汚名を着せられるし、しょせん消費税増税したいという思惑は同じだし、まあ、近いうちは近いうちだろうし、なんて妥協したんでしょうね。総裁選もあるし選挙に勝てばオラッチが総理だぜ、ということでしょうか。

消費税の非道ぶりはこれからも書き殴っていきますが、もはや許せないという思いだけが突出していきますよ。

何にしろ、どこまでもあくなき権力への野望がギラギラと照りつける午後2時半というか。国民に負担を押し付けるくせに、国民不在どころか、国民無視の暴挙でしょうな。これこそ談合政治の極め付けですわな。これを大阪のバカ殿コスプレイ・ハシゲ市長は「高度な政治判断」とぬかすんですから、このガキも一緒にす巻きにして淀川に流してしまえ、と思ってしまいます。

民主党に残る消費増税に「慎重な」連中はこれで内閣不信任に賛成しないのかな。それこそ煮え切らない、権力しがみつき保身政治屋という誹りを受けても仕方がありませんね。
政治なんて、しょせん魑魅魍魎の腐った世界です。
***********************
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 国民 原発 放射能 消費税 増税 自民 公明 民主 不信任

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。