スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党安倍内閣総理の原発再稼動路線が頓挫 腹心、自民党高市政調会長が本心を国民の前に暴露

http://www.j-cast.com/tv/2013/06/19177547.html?p=all によると。
***********************
月イチ失言の高市政調会長「福島原発事故で死者いない。だから再稼働」安倍人事の失敗?

2013/6/19 12:49

今度は「原発事故で死者はいない」ときた。自民党の高市10+ 件早苗・政調会長がおととい17日(2013年6月)、神戸市内の講演会で口にした。放射能による死者はゼロでも、関連死は福島だけで1300人を超える。これをわかっていないといわれても仕方がない。

講演は自民党兵庫県連の会合で、原発再稼働への意欲を示した中での発言だったが、「悲惨な爆発事故を起こした福島原発も含め、死亡者が出ている状況にもない」とやってしまった。

小泉進次郎「戻れない、仮設を強いられている方々の気持ちをわかってない」
当然ながら、批判はきつい。民主党からは「政権を担う資格がない。与党の政調会長失格。福島のみなさんへの裏切りだ」(細野豪志・幹事長)。みんなの党の江田憲司・幹事長も「即刻、政調会長、政治家を辞任すべきだ」。自民党からも「戻れない方、仮設を強いられている方、そうした方々の気持ちをわかってないと思われかねない」(小泉進次郎・青年局長)と言う声が上がる一方で、「避難者が大勢いるような状況で、死亡者がいないのだからという理屈は成り立たない。政調会長はそういう趣旨ではない」(石破茂・幹事長)とかばう発言もあった。


高市10+ 件は「被ばくで亡くなった人はいないが、安全基準は最高レベルで保たなければとお伝えしたかった。もしかしたら、しゃべり方が下手だった かも」と弁解に大わらわだ。

事故直後、野菜の採取制限が出た日に農業の男性、酪農の男性も絶望して自殺している。病院から長距離の避難行の中で亡くなったのは何十人という数だ。避難生活の中での死もある。「聞いていて腹立たしい限りです」と避難者の怒りはおさまらない。

司会の小倉智昭「橋下さんもそうだったが、最初の発言が肝心で、あとでいくら肉付けしても追いつかない」。田崎史郎(時事通信解説委員)も「エッ、と思いました。発言自体がよくない」という。

復興庁がまとめた東日本大震災の関連死は、この3月末(2013年)現在で2688人、うち福島県が1383人だ。福島が半数以上なのは、原発事故に伴う避難などの影響が大きいと見られると復興庁が認めている。

これまでも危ない発言「「公明との連立解消も」「村山談話はしっくりきていない」
小倉「高市10+ 件さんの政調会長は大抜擢だった。どういう人ですか?」

田﨑「安倍さんの起用なんですね。高市10+ 件さんとしては、安倍さんの思いに沿って原発再稼働を後押しするつもりがマイナスになった。選挙に影響は出ますね。参院選間近ですから、党内からも批判が強い」

もともと高市は失言が多い。田﨑は「ほぼ月イチのペース」という。2月には「安倍10+ 件首相、靖国参拝を」、4月には「公明との連立解消も」、5月「村山談話はしっくりきていない」とあって、今回の発言になった。

田﨑「安倍さんが引き上げてきた人で、考え方も近いが、まずかったかなと思われている」

安倍政権もほころびが出てきたという見方もある。ご本人もいろいろあるようだ。どうなることか。今週末は都議選、1か月後には参院選だ。
**********************

スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 安倍 自民党 原発 福島 謝罪 撤回 辞職

さすが賞味期限の切れた 元政権党自民党 派閥争いで党内バラバラ 民主顔負け 原発放射能、格差社会拡大政治で国民に対する詫び、反省は無いのか

http://news.livedoor.com/article/detail/6949868/ によると、
*********************
livedoor > ニュース > 政治 >
石原氏を痛烈批判=麻生氏

2012年09月13日22時05分
提供:時事通信社

麻生太郎元首相は13日の記者会見で、石原伸晃幹事長が谷垣禎一総裁を押しのける形で総裁選に出馬することについて、「下克上とか平成の明智光秀(という)、ありがたくない冠をこの人は当分頂くことになる。私の人生哲学には合わない」と痛烈に批判した。さらに「石原氏を支援する人の神経がよく分からない」とも語った。 
***********************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 自民党 派閥 原発 放射能 格差社会 石原 明智光秀

国民も舐められたものだ 原発放射能殺人に次いで 今度は消費税増税で 国民はもう絶命、全滅

http://good-hiro1.cocolog-nifty.com/blog/ によると、
*********************
2012年8月 9日 (木)
クサレ与党にクサレ野党 消費増税法案成立へ

与党返り咲きを狙い、権力を掌中にしたい筈の自民党が首相問責・内閣不信任案を出すであろう、と私は予測していましたが、見事に外れてしまいました。取り敢えず消費増税は動かしがたい、つーことか。
国民を塗炭の苦しみに陥れる悪法を、テメエらの権力欲と保身だけ。
談合の果ての党利党略、個利個略。時代劇なら「天に変わって成敗してくれる」と、言いたいところです。しかし、いつから民自公は連立組んでんだよ?カス。

---------------
ロイター(通信)
野田佳彦首相と谷垣禎一自民党総裁、山口那津男公明党代表は8日夜、3党党首会談を行い、消費増税を含む一体改革法案の早期成立を図ること、成立後近いうちに国民に信を問うこと、の2点で合意した。これを受けて、自民党は内閣不信任案と問責決議案の提出を見送る。
---------------

中小野党が提出している不信任案と問責決議案も否決し、参議院での一体改革関連法案採決の環境を整えることとなる。


どんなことをしてでも消費税増税を成立させよ、という財界・マスゴミ上げて自民党にプレッシャーをかけたのでしょうか。
まあ、なにしろ、今の総裁がヘタレのチャリガキさんですから、それらの圧力に抗うことを躊躇してしまったのかもしれません。

初めは、「近い将来に」解散する、という民主党の返事に対して、「舐めとったらあかんで、どついたろか」と大阪的怒りをあらわに。では、民主党が「近いうちに」解散いたします。と言い直したところ、あら不思議。
「ま、まあ、今日はこれくらいにしとったるわ」とチャリガキさんが一転、不信任案を提出しません、という吉本新喜劇風になったみたいです。

「近いうち」なら良くて、「近い将来」は許せんというのは、受け取る方の感じ方でしかないような気がいたします。「まあ、そのうちに」、というのは断り文句だと、いうのが世間一般の通り相場だと思っていたんですが、「近いうちに」は「近いうち」だ、というのはトコトン能天気ではないでしょうか。
何しろ相手はペテン師民主党ですぜ。「気をつけなはれやぁ」、と京都弁で言ってもチャリガキは聞く耳を持たないのでしょうかね。

ま、端的に近い将来という言われ方は、どこか人をおちょくっているような気がせんでもないのですがね。タニガキさんは以前の「加藤の乱」でも、アンタが大将なんだから、とかナントカ言って、腰砕けの原因を作ったような記憶がありますけれど。ツイートしたけれどやはり「キング・オブ・ヘタレ」という印象です。

オラオラ、不信任だぜと、解散に持ち込めば自民党には三党合意破りの汚名を着せられるし、しょせん消費税増税したいという思惑は同じだし、まあ、近いうちは近いうちだろうし、なんて妥協したんでしょうね。総裁選もあるし選挙に勝てばオラッチが総理だぜ、ということでしょうか。

消費税の非道ぶりはこれからも書き殴っていきますが、もはや許せないという思いだけが突出していきますよ。

何にしろ、どこまでもあくなき権力への野望がギラギラと照りつける午後2時半というか。国民に負担を押し付けるくせに、国民不在どころか、国民無視の暴挙でしょうな。これこそ談合政治の極め付けですわな。これを大阪のバカ殿コスプレイ・ハシゲ市長は「高度な政治判断」とぬかすんですから、このガキも一緒にす巻きにして淀川に流してしまえ、と思ってしまいます。

民主党に残る消費増税に「慎重な」連中はこれで内閣不信任に賛成しないのかな。それこそ煮え切らない、権力しがみつき保身政治屋という誹りを受けても仕方がありませんね。
政治なんて、しょせん魑魅魍魎の腐った世界です。
***********************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 国民 原発 放射能 消費税 増税 自民 公明 民主 不信任

事故常習機 オスプレイ 事故58件 06年から5年間 民家・原発に墜落したら!!

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-07-22/2012072201_03_1.html によると、
*********************
オスプレイ事故58件 06年から5年間 米軍資料で判明

 23日に岩国基地(山口県岩国市)への陸揚げが計画されている米海兵隊の垂直離着陸機MV22オスプレイの事故が2006年10月~11年9月までの過去5年間で30件発生し、米空軍仕様のCV22オスプレイが同期間に起こした事故28件を合わせると、計58件に上ることが米軍の資料で分かりました。ほぼ月に1回は事故が起こっている計算です。

 米軍は現在、航空機事故について(1)死者が出るか200万ドル以上の損害が出たりした事故を「クラスA」(2)重傷か50万~200万ドルの損害が出た事故を「クラスB」(3)軽傷か5万~50万ドルの損害を出した事故を「クラスC」―などと分類しています。(注)

 米海兵隊安全部の公開資料によると、MV22の「クラスA」事故は2件で、内容は夜間訓練中のエンジン収容部からの出火と、機体後部からの乗員の転落死となっています。「クラスB」は、離陸直後に急激に降下し地面にたたきつけられる事故や着陸時に前脚が折れる事故など6件。「クラスC」は、エンジン収容部からの出火や着陸時の衝撃で負傷者が出るなど22件となっています。

 また、米空軍安全センターの公開文書によると、CV22の事故は「クラスA」2件、「クラスB」6件、「クラスC」20件―の計28件です。

 詳しい事故の内容は明らかにされていませんが、「クラスA」の1件は乗員4人が死亡したアフガニスタンでの墜落事故。「クラスB」「クラスC」は整備に関連した事故が多い傾向にあります。

 オスプレイは1990年代~2000年代初めの開発・試作段階で墜落事故が多発。今年も4月にMV22がモロッコで、6月にCV22が米フロリダ州で墜落事故を起こしていますが、それ以外にも大小多数の事故が発生していることを示しています。

 (注)損害額の規定は09年10月に引き上げ。それ以前は、例えば「クラスA」で100万ドル以上の損害。
*********************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : オスプレイ 民家 原発 墜落 アメリカ 沖縄

原子力(原発)の軍事利用に道ひらく原子力基本法改悪を強行した 民自公3党

http://ameblo.jp/kokkoippan/entry-11303041658.html によると、
********************
2012-07-15 13:17:11
民自公3党は原発をなくすどころか原子力の軍事利用に道ひらく原子力基本法改悪を強行した

 昨日、講演内容を紹介した池内了(さとる)総合研究大学院大学教授 は、「世界平和アピール七人委員会」のメンバーのひとりでもあります。

 「世界平和アピール七人委員会」は1955年に生まれ、湯川秀樹さん(ノーベル賞学者)や平塚らいてうさん(日本婦人団体連合会会長)らが発足メンバーとして加わっていました。
(※現在のメンバーは→
http://worldpeace7.jp/modules/pico/index.php?content_id=118  )

 池内了教授は、「世界平和アピール七人委員会」が6月19日に発表したアピール「原子力基本法の基本方針に『安全保障に資する』と加える改正案の撤回を求める」 について、第30回国立試験研究機関全国交流集会の記念講演の中で要旨以下のように紹介しました。

 憲法のもとに1955年に制定された原子力基本法は、基本方針の第2条で、「原子力の研究、開発及び利用は、平和の目的に限り、安全の確保を旨として、民主的な運営の下に、自主的にこれを行うものとし、その成果を公開し、進んで国際協力に資するものとする。」と明記されました。

 この原子力の利用を「平和の目的に限り」、「自主」「民主」「公開」で行うという「原子力平和利用3原則」の存在を、歴代政府みずからも原子力の軍事利用ができない理由としていました。今回の「改正」は、この原子力基本法の基本方針の第2条に「第2項」として「安全保障に資する」を加え、原子力の平和目的に限る利用から軍事利用に道を開くことをねらったものと言わざるをえません。

 国内外からのたびかさなる批判に耳を傾けることなく、使用済み核燃料から、採算が取れないプルトニウムを大量に製造・保有し、ウラン濃縮技術を保持し、高度なロケット技術を持つ日本の政治家と官僚の中に、「核の潜在的抑止力を持ち続けるためにも、原発をやめるべきではない」などと核兵器製造能力を維持することを公然と唱えるものがいることや、核兵器廃絶への世界の潮流に反して、日本政府がアメリカに対して拡大抑止、「核兵器の傘」の維持を求め続けていることを思い浮かべれば、原子力基本法第2条の基本方針の第1項「平和目的限定」と、今回付け加える第2項「安全保障に資する」の間に、矛盾を持ち込んで実質的な原子力の軍事利用に道を開くという可能性を否定できません。

 政府答弁では、IAEA(国際原子力機関)の「安全保障措置」を意味しているにすぎないと強弁していますが、これは成り立つ話ではありません。IAEAの「安全保障措置」は「セーフティーガード」で軍事的な意味ではありませんが、この法案の「安全保障」は「セキュリティーガード」であり軍事的な意味を持つものです。いずれにしても「安全保障」という名において日本はどんどん軍事化しているという事実があるのですから成り立つものではないのです。

 加えて、国会決議で、平和利用に限り、公開・民主・自主の下で進められてきた日本の宇宙研究・開発・利用が、宇宙基本法の目的に、「わが国の安全保障に資すること」を含めることによって、軍事利用の道を開いたことを忘れることもできません。軍事利用に道を開いた宇宙基本法に連動する形で「平和目的に限る」という条項が入っていたJAXA法も宇宙の軍事利用へと改悪されてしまったこともこうした流れと軌を一にするものです。

 こうした重大な事態が次々と今国会で進んでいます。民主党と自民党と公明党の3党が合意すれば――つまり大連立すれば、何でも通るというわけです。この原子力基本法の基本方針に「安全保障に資する」と加える重大な問題をはらむ法案が民自公3党の協議による議員立法という形で突然出されて衆議院で審議されたのはたったの2時間です。この法案が出されたのは審議のわずか2時間前です。265ページに及ぶこの分厚い法案を、みんなの党が受け取ったのは、審議の2時間前で「これで審議しろ」と言われ、質問を考える時間も与えられなかったのです。そして、2時間の審議で民自公3党で決められてしまったのです。この問題においても、大連立が非常に怖い状況を生み出しているのです。
**********************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 原発 軍事利用 原子力基本法

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。