スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所詮は党利党略 橋下徹維新 その本性、正体 都民が審判

http://news.livedoor.com/article/detail/7790301/ によると、
**********************
都議選 せいぜい1議席の維新橋下が企むウルトラC

ゲンダイネット 2013年06月22日11時26分

<橋下は辞めずに党が分裂する>

 今週末23日に投開票の東京都議選。自民圧勝の予測が先行しているが、ここへきて安倍政権の支持率が下がり始め、流れが変わってきたという見方もある。少々盛り上がりに欠けるとはいえ、都議選は参院選の行方を占う“大一番”であることに変わりはない。自民は本当に圧勝するのか。橋下代表の「慰安婦発言」でメタメタの維新の会は議席を獲得できるのか。最終情勢と今後の政局を分析する。
<全勝?>
 都議会議員の定数は127議席。都政に詳しいジャーナリストの鈴木哲夫氏は、各党の獲得議席をこう予想する。
「自民57、公明23、民主24、共産が大幅に増やして15、候補者をしぼったみんなが善戦して3、維新は1、あとは生活者ネットが4議席取るのではないか」
 民主は公示前43議席。ほぼ半減だが、当初はヒトケタともいわれていた。維新の急降下で複数区は何とか1人が当選できそうだ。
 59人を擁立した自民党は「全員当選」という予測もあったが、そう甘くない。千代田、中央など7つの1人区は安泰で、残りの複数区も1人は取れるが、2人目からは微妙なところがある。落ちるのが2~5人くらい出るかもしれない。

<注目選挙区>

 そこで激戦の選挙区だ。自民が落とす可能性があるのは世田谷、大田、練馬、港、目黒、墨田の6選挙区だ。
「自民は複数区の世田谷区(定数8)、大田区(定数8)、練馬区(定数6)に3人を擁立していますが、これはかなり強気の選挙戦略です」(鈴木哲夫氏=前出)
 なかでも安倍の支持率が下がってきて、世田谷、練馬の3人目は苦戦だ。「定数2~3」に2人立てている選挙区もある。港区(定数2)、墨田区(定数3)、目黒区(定数3)だ。こちらも厳しい。
「定数3の目黒、墨田は自公民で決まりつつある。自民の2人目は厳しい。公明が負けると、自公の協力関係にもヒビが入ります」(自民党都連関係者)
 自民は53~55議席の可能性もある。

<大逆風>

 橋下徹共同代表の「慰安婦発言」で大逆風の日本維新の会。怨嗟の声に抗しきれず、橋下は20日、「戦況を苦しくしてしまった点は申し訳ない」という謝罪メールを党国会議員団や都議選、参院選の候補者らに送るハメになった。
「南多摩(定数2)の石川良一氏は元稲城市長で知名度も組織力もある。維新が勝てそうなのは、この1議席だけ。うまくいって2議席がやっとでしょう」(政治ジャーナリスト・山田厚俊氏)
 告示前の維新は、他党からの鞍替えによって都議会で3議席を有していた。松井幹事長は20日、こう明言している。
「現状維持だけでは、勝ったとは絶対言えないでしょうし、下回れば敗退だ」「その責任が誰にあるという声が党内で出てくれば、彼(橋下)も僕もそのポジションに固執することはない」
 目下の情勢では橋下辞任は不可避だ。

<国政への影響>

 とはいえ、永田町では「橋下を共同代表から降ろせるわけがない」という見方が大半だ。
都議選と参院選は連動している。参院選まで二枚看板は外せない。責任論なんて出てきませんよ」(維新幹部)
 前出の鈴木哲夫氏も、「都政なのだから、むしろ東京の石原共同代表の責任論になる」と言う。
「橋下共同代表が自ら辞めるとしたら、都議選後か参院選後に旧太陽の党と分裂する布石でしょう。他党の議員も巻き込んで、『新生維新の会』を立ち上げることになるのではないか。野党再編、あるいは保守再編に向かうと思います」(山田厚俊氏=前出)
 維新分裂だけが見どころか。
**********************
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 橋下徹 石原 維新 本性 正体 党利党略 都議選

国民不在 党利党略 私利私欲 四分五裂の選挙互助会、「第三極」 今国民が求めているのは自公民に対する「対極」だ 橋下徹の本性 正体

http://news.livedoor.com/article/detail/7144744/ によると、
**********************
第3極早くも内ゲバ! 橋下氏、石原氏を批判 減税日本との合流に不快感

ZAKZAK(夕刊フジ)
2012年11月15日17時12分

 野田佳彦首相が「年内解散」を宣言したことで、大同団結を目指す第3極の政党には、準備不足による焦りが広がっている。石原慎太郎前東京都知事率いる「太陽の党(太陽)」は15日、河村たかし名古屋市長の「減税日本」と合流するが、「日本維新の会(維新)」代表である大阪市の橋下徹市長は強い不快感を示した。一方、「国民の生活が第一(生活)」の小沢一郎代表は埋没・孤立気味で、極めて苦しい立場にある。
 「戸惑っている。石原さんのマネジメントは正直疑問だ」
 橋下氏は15日、太陽と減税日本との合流についてこう語り、石原氏の政治判断に異議を唱え、両党との合流は困難との認識を強調した。市役所で記者団に答えた。第3極を牽引する橋下氏の発言は要注目だ。
 石原氏とともに太陽を率いる平沼赳夫共同代表も14日、「もう少し時間がほしい。協議を短時間でまとめられるか疑念がある」と、大同団結に向けた苦しい胸の内を明かしている。
 橋下氏は記者団に「(間に合うかどうか)分からない。最後まで諦めずに協議したい」「石原氏とは一緒にやりたいと思っている。合流でない形で共闘できるかどうか探っていく」と話し、「みんなの党」の渡辺喜美代表も「ちょっと時間が足りないのが現実だ」と焦りをにじませた。
 次期衆院選の候補者については、太陽が数十人、維新が241人以上、みんなの党が100人の擁立を目指したうえで、競合しないように選挙区調整することを模索している。
 しかし、選挙戦で争点になりそうな「消費税」「原発」「TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)」をめぐる各党間の隔たりは埋まっておらず、候補者調整も進んでいない。時間切れに終わる可能性もある。
 そもそも、野田首相が「年内解散」を強行したのも、第3極の準備不足を狙ってのことだった。
 一方、中小政党の大同団結の形として「オリーブの木」構想を掲げてきた小沢氏は苦しい。民主党離党者からなる「新党きづな」が近く生活に合流するが、石原氏は「小沢とは組まない」と明言し、橋下氏以外の維新幹部も「小沢嫌い」が多く、いまのところ連携が広がる気配はない。
 しかも、14日の党首討論は「16日解散」で盛り上がり、久々に表舞台に登場した小沢氏は存在感を示せなかった。「何かかわいそうだったね。自民、公明のつなぎみたいだった」(閣僚の1人)と同情されたほどだ。
 急発進を余儀なくさせられた第3極は、どんな形で、国民の審判を仰ぐのか。
*********************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 国民不在 党利党略 私利私欲 四分五裂 選挙互助会 第三極 対極 橋下徹 本性 正体

国民不在 党利党略の 野田民主党死体内閣 四分五裂 史上最低内閣・与党

http://news.livedoor.com/article/detail/7129405/ によると、
**********************
野田首相“TPP解散”なら民主30人集団離党も! 輿石幹事長は断固阻止

ZAKZAK(夕刊フジ)
2012年11月10日17時12分

 野田佳彦首相が、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の交渉参加を表明したうえで、「年内解散」に踏み切る方向で調整に入ったことを受け、民主党内が激震している。党内にはTPP反対派も多く、輿石東幹事長は「そんなことで解散はさせない」「今解散したら、50、60人しか残らない」と断固阻止する構え。一部では「離党予備軍は30人はいる」という情報まで広まっている。
 「驚きましたね。びっくりした」
 9日、官邸で開かれた民主党の参院各委員長との昼食会。同日の読売新聞朝刊が1面トップで「首相、TPP参加で年内解散」と報じたことが話題に上り、野田首相はこうけむに巻いた。
 出席者からは「党を割るようなことをしてはいけない」と、慎重対応を求める声も出たというが、野田首相が次期衆院選の切り札に「TPP参加」を考えているのは間違いない。
 もともと、野田首相はTPPに前向きだったうえ、宿敵・自民党は慎重姿勢のため対立軸になる。第3極結集を急ぐ大阪市の橋下徹市長率いる「日本維新の会」と、石原慎太郎前東京都知事が立ち上げる石原新党では意見が割れており、クサビを打ち込めるからだ。
 すでに、衆院選マニフェスト(政権公約)にTPPをどう盛り込むか、党内に検討を指示しており、「野田首相は(敵の目を欺いて吉良邸討ち入りを成功させた)大石内蔵助を演じている」という側近談を報じるメディアもある。
 これに対し、民主党内のTPP反対派は動き始めた。
 「TPPを慎重に考える会」会長の山田正彦元農水相は「一部経済界や米国の言いなりになっては選挙ができない」と反発。9日、国会内で輿石氏と会い、改めてTPP反対を申し入れた。メンバーからは「交渉参加を表明するなら、野田首相に即時退陣を迫るべきだ」との声も噴き出した。
 同会には「国民の生活が第一」を立ち上げた小沢一郎代表に近い議員も多く、「離党予備軍は30人はいる。野田首相がTPP参加を表明すれば、離党者は10人以上出る」と息巻く議員もいる。
 輿石氏は、山田氏との会談で「そんなこと(=TPP)で解散はさせない」と明言。衆院であと6人が離党すると与党過半数割れになるため、離党者を出さずに、年明け以降に解散を先送りするのが持論だ。
 仮に、野田首相がTPP交渉参加を争点に、年内解散に踏み切ろうとした場合、「輿石氏が最大の関門となる」(首相周辺)との見方が根強い。
 野田首相と輿石氏の、最終戦争が勃発するのか。
*************************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 国民不在 党利党略 野田 死体内閣 民主党 TPP

国民不在で党利党略 本籍自民の維新とみんな 「第三極」とは笑わせる 橋下徹の本性 正体 

http://news.livedoor.com/article/detail/7023131/ によると、
*********************
livedoor > ニュース > 政治 >
維新みんな「喜美外し」で仕切り直し

産経新聞2012年10月07日12時15分

 日本維新の会とみんなの党が、衆院選の選挙協力や連携に向けた協議を再開することになった。維新の松井一郎、みんなの江田憲司両幹事長レベルで行うのがポイント。みんなの渡辺喜美代表の発信力が弱まり、第三極勢力を牽(けん)引(いん)したい橋下徹代表の警戒が解けたことが大きな要因だが、維新の勢いに陰りが生じ、全国規模の候補者擁立が難しくなってきた事情もある。
 維新の候補者選定委員長となる竹中平蔵元総務相は6日、テレビ東京の番組で「みんなの党が掲げる政策は『維新八策』とほとんど同じだ。政界再編への触媒を維新とみんながやってほしい」と述べ、両党の選挙協力に期待を示した。
 維新とみんなの関係が冷却したのは、8月20日に渡辺氏が大阪入りし、橋下、松井両氏と会談したことがきっかけだった。
 表面上は、合併をめぐる見解が一致しなかったとためとされる。しかし、もともと橋下氏サイドは「渡辺氏の強烈な個性が橋下氏の存在感を殺す」(維新関係者)と警戒。しかも、数日後に江田氏を交えた4者会談が予定されていたにもかかわず、渡辺氏が江田氏を出し抜く形で単身大阪入りした態度に「橋下氏らは腹を立てた」(同)という。
 以降、渡辺氏に対する「独断専行」批判がみんなの党内から公然と上がり、参院議員3人が日本維新に合流するなど急速に求心力が低下。代わって、党内最大勢力である神奈川県出身組を代表する幹事長の江田氏の存在感が増したのだ。
 一方維新も、衆院で単独過半数を目指すとした戦略の転換を迫られつつある。維新は最近の世論調査で支持率が下降しており、他党には「ブームに陰りが見える」との声も出始めた。「これまでは既存政党への不満が僕らの方に流れていた」。橋下氏は今月2日、自民党への支持率の高まりを受け止めつつ「そういう消極的な支援から、積極的な支援に変わるように活動しなければ」と語った。
 再び連携にむけて動き出す維新とみんなの党。今後の協議では「大阪と神奈川をそれぞれの拠点とした地域別の選挙協力」が一つの落としどころとなるとの見方も浮上している。
*************************

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 国民不在 党利党略 自民 維新 みんな 第三極 橋下徹 本性 正体 コスプレ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。