スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企業・団体献金禁止についてコロリと反転 政党助成金請求したのは「太陽」/受け取りは「維新」か? 橋下徹の本性 正体

http://news.livedoor.com/article/detail/7214351/ によると、
**********************
livedoor'NEWS
政党助成金請求したのは「太陽」/受け取りは「維新」か?

しんぶん赤旗
2012年12月08日09時39分

 「太陽の党」(日本維新の会に合流)が総務省に政党でなくなったと3日に届け出を行っていたことが7日に発表されました。同時に、この届け出にあわせて、政党助成金の今年の支払残額2896万3609円(12月分除く)を「特定交付金」として「太陽の党」が受け取ることを申し出ました。
 実質的には、「太陽」を吸収した「維新」が政党助成金を受け取ろうというものです。「維新」の橋下徹代表代行(大阪市長)は、選挙戦の中で「自民党や民主党はたくさんの税金をもらっている。僕たちは個人の会費でやっている」と政党助成金制度を批判するかのような言動を繰り返してきました。しかし、個人の思想信条の自由を侵害し、政党の粗製乱造をもたらすなど堕落の温床となってきた政党助成金を「維新」が受け取ることは、自民、民主両党と同じ体質であることを自ら認めるものです。企業・団体献金禁止について迷走しており、同党のデタラメぶりを示しています。
 「太陽」はもともと、旧「たちあがれ日本」が石原慎太郎前東京都知事らと合流して結党(11月13日)しました。その年の途中(1月1日以降)にできた新党は政党助成金の適用がないため、「太陽」は助成金を受けとれないはずでした。ところが「太陽」結党の際、政党の名称を「たちあがれ日本」から「太陽」に変更すると総務省に届け出ました。こうして「太陽」は政党助成金受け取りの「権利」を引き継いでいたのです。
 その後、「太陽」は11月17日に「維新」に合流しましたが、いまになって「政党廃止」の届け出とともに、政党助成金受け取りを申し出るという極めて姑息(こそく)な手段に出たのです。この限りでは、党の中に党を残すことによって税金を受け取るための不透明な工作だったことになります。
**************************
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 企業・団体献金 太陽 維新 橋下徹 本性 正体

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。