スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロコロ変わる 維新橋下徹 企業献金の禁止を撤回 財界の番頭 自民と同じ 橋下徹の本性 正体

http://news.livedoor.com/article/detail/7159474/ によると、
************************
また政策豹変… 維新企業献金の禁止を撤回

ZAKZAK(夕刊フジ)
2012年11月20日17時12分

日本維新の会の橋下徹代表代行
 「日本維新の会(維新)」が、また豹変した。同党幹事長である大阪府の松井一郎知事は20日、党規約で禁止してきた企業・団体献金を認める方針を明らかにした。石原慎太郎代表の「太陽の党(太陽)」と合流するなかで「齟齬をきたす」と判断したという。同党は先日、エネルギー政策から「脱原発」を取り下げたばかり。政策・理念の大幅後退が問題視されそうだ。
 「日本の政治を応援する風土が個人献金主流になるまではしがらみを作らない範囲のものは認めていこうということ」
 松井氏は記者団にこう説明した。「原発」や「TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)」などの政策の違いに目をつぶった合流の結果のようだが、「企業・団体献金の禁止」は維新の大看板。綱領の「維新八策」にも明記している。
 橋下徹代表代行(大阪市長)は今年9月、党規約に明記する方針を明らかにした際、「自民党や民主党ではできない方針だ」「特定の団体に縛られない個人献金型の政党をめざし、政治を劇的に変える」「新しい政治スタイルを目指す」などと胸を張っていた。
 政策・理念の一致なき結集は、「野合」と批判されても仕方がない。
 橋下氏は20日午前、自民党の石破茂幹事長と民放テレビで論戦した。
 石破氏が「橋下さんと石原さんが言っていたことはずいぶん違っていた。政策の実現可能性を検証して選挙に臨まないと権力をとったあと大変なことになる」と批判すると、橋下氏は「消費税、TPP、原発、外交の部分は、維新は完全に一致している」と反論した。
 有権者がどう判断するかが重要だ。
***********************
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : コロコロ 維新 橋下徹 企業献金 撤回 財界 自民 本性 正体

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。